学生の頃に通っていた定食屋の女将さんの声が小さくなっていた

10年前にまだ俺が学生だった頃に
よく通ってた定食屋で切なくなった。

その定食屋は女将さん1人で切り盛りしてて、
早くに亡くなった旦那さんの店だったらしくて、
旦那さんが亡くなった後お子さんを育てながら切り盛りしてた。

スポンサーリンク

男子学生はどこかで女将さんに母親を見てて、
美味しい飯と共に

「ご飯おかわりいる?いっぱい食べてね!」

という言葉と人柄に癒されてたと思う。

先日、その食堂近くに仕事で行ったから寄ったら、
女将さんの声が小さかった。
お久しぶりです!と店に入ったら覚えててくれて
嬉しそうにしてくれたけど、声が大人しくて、
「いっぱい食べてね」のセリフがなかった。

スポンサーリンク

学生時代みたいに食うわけじゃないから
おかわりしたいとかではなかったけど、
なんか気になって聞いたら女将さんの娘さんが理由を教えてくれた。

ここ2〜3年女将さんの声や掛け声に対して

「落ち着かない」
「おかわりを押し付けないで」
「おかわりする人と同じ料金なんですか」

と言ってくる人が多いらしい。
良かれと思っておかわり自由/大盛り無料をやって来たが
「今は違うのね」とおかわりを聞かなくなり
大盛り変更のみ無料、声も小さくする様になったそうだ。

個人の権利が守られて尊重される様になった。
昔より苦学生が少なくなり、
500円でそれなりに食べられる様な世の中になった。

だから3杯食ってきた。

なんか寂しいな。

スポンサーリンク