学校に性善説は無い

道中フェイクをいれますが、事は事実です。
私:32 独身
N:33 二児の父

私は小、中の計5年イジメを受けて育ちました。
そこで学んだことは

「学校に性善説は無い。学校の評判に関わることなら尚更。」

でした。
イジメの内容は相談とは関係がないので割愛しますが、
教師が加担したり火に油を注ぐ行為をするだけだった。
ということだけ申しておきます。
Nは唯一小学時代からの友人であり、
今でも付き合いがあります。
私は都内在住勤務、Nは同県ではあるが、
違う市に引っ越して勤務していました。

スポンサーリンク

ある日、Nが

「来年から地元で仕事をすることにした」

と報告してきました。
自分達が暮らしていた地元の教育行政は、
ハッキリいって杜撰そのものです。

その根拠として、まず自分がイジメの被害を受けていたこと。
そして直近だと2017年と2019年にイジメを苦にして
自殺した中学生がいるということです。
特に2019年の事件はひどく、3度の自殺未遂をし、
何度も学校にイジメを訴えてようやく重い腰をあげた(らしい)が
イジメを調査している旨は家族はおろか、当人にすら伝えられておらず、
その生徒の遺書には

「教育委員会は大嘘つき」
「イジメた人を守って嘘ばかりつかせる」

等の記載があり、
私はその事に心当たりがあります。
そして、すでに市内でのイジメの裁判は複数に及んでいますが、
それに対し市の発言は「いじめ防止対策推進法に欠陥があるから、
対応が沿ってなくても問題ない」と裁判で述べた事です。
つまり、少なくとも自分が住んでた市は
20年は教育行政は腐敗したままという事実が残ります。

スポンサーリンク

ここからが本題で、当事者として。
イジメは想像を絶する苦です。
毎日拷問所へ行くようなものです。
「逃げればいい」と簡単に言ってくれますが、
中学生1人が自力で逃げるのは無理です。
大人であれば職場がイヤなら転職。
家庭がイヤなら離婚。
自分の意志である程度行動を決める事は出来ます。
しかし中学校までは義務教育の為、
基本逃げる事が出来ません。

中学生1人が喚いた所で適当にあしらわれます。
「それなら大人に頼れ」と言葉を投げるでしょうが、
市がこのような発言をしている以上、
頼っても無下にされることが目に見えています。
私としては「そんな市で子育てして大丈夫なの?」
と疑問を抱いています。
しかし私は独身で、子育てをしたことはありません。

独身が子育てしてる人に、子育ての事で小言をするのは
余計なお世話でしょうか。
もちろんイジメに遭う確率は低いでしょう。

イジメ前提で話をしている自分もおかしいかもしれません。
しかしイジメに遭遇したが最後、絶望しかない。
という事はもう誰にも味わってほしくない。というのが自分の本音です。
Nがこの事件を知っているかはわかりませんが、
言っておくべきなのでしょうか。

フェイクは年齢などです。
知っているとは思うのですが、子供抱えて地元に戻ると聞いた時は

「え?正気か?」

と思ってしまった次第です。
よくイジメを受けたほうはいつまでも忘れないが、
イジメをした(もしくは関わりがなかった)人は、
そんなのとっくに忘れているという性質のように、
記憶から消えてるのかな?とも疑ってはいます。

当事者にならなければ、結局は他人事ですからね。
犯罪とか(性被害やストーカー等)も遭ったことないうちには
「そんな気にすることじゃねえだろ」とか言う人は多いですが、
実際に遭遇して初めてそのつらさに気付いたりしますしね。

ありがとうございました。ひとまず様子見しつつの対応をしようと思います。

スポンサーリンク