席を譲った高校生Aに友人Bが「なにwwお前、アレがカッコイイとか思ってんの?wwキモww」

昼過ぎくらいに電車に乗ったときのこと。
電車はそこそこ混んでて、座席は満席、
立ってる人がポツリポツリいる感じだった。

ある駅で、杖を付いたおばあさんが乗車。
座ってる男子高校生二人組(AB)の近くを
通ったとき、Aがスッと立ち上がって席を譲った。
おばあさんの真ん前には立たず、
ドアの前に移動。それに、連れらしいBも付いていった。

いい子だな〜と眺めてたら、
笑いながら大きな声でBがAをバカにし始めた。

スポンサーリンク

「なにwwお前、アレがカッコイイとか思ってんの?wwキモww」

こんな調子で、「偽善者Aを指摘できる俺カッコイイ」
みたいなBに、悪くなる周囲の空気。
あんまりにもネチネチしつこくて、何か言ってやろうと
立ち上がろうとしたら、すんごく醒めた声で、
Aが言い返した。

「は?俺がしたいことして何が悪いの?」

真顔で返されて、どもるB 。

B「は?意味不明なんだけど」

スポンサーリンク

A「え?分かんない?だから、どうして、
俺の行動にお前が文句言うの?許可がいるの?」

B「え、だって、キモくね?」

A「何がキモかったの?」

B「は?意味不明(最初に戻る)」

しばらく会話ループしてたら、中年のおっさんが、

「◯◯の兄ちゃん(Bのこと。小さい方とか、
眼鏡の方とか、そんな表現)、みっともねぇぞ!」

と。
気づけば、周囲のおばさま方が、B見てヒソヒソ…。
B、顔赤くして「わけわかんねんだけど!」と連呼して、
車両替えてった。

相手の挑発に乗らず、冷静にたしなめたAが
すごいなぁっていう武勇伝。

このあと、ドア近くに立ってたAの制服のポッケに、
降りるおばさま方が
「良い子にはご褒美!」と、
こぞってお菓子を詰め込んでってたのは、Aにしてみりゃ修羅場かしら。
ポッケパンパンにされて困った顔しながらも、
恥ずかしそうにお礼いってたAがかわいかった。
そんな私も立派なBBAですね。

スポンサーリンク