見捨てた

20年以上前、自分小学3年生くらい
母子家庭の友人の母親がどう見ても毒親だった友人は
腕や顔にも痣があったし友人の家に電話しても後ろから怒号
遊びの誘いに家に行くと

「どこに行く気だ!」

と玄関まで追ってきて怒鳴りまくる
さすがに学校も何かしてたとは思うんだけど子供目線では
何もしてないに等しかった

スポンサーリンク

1回、

「家出してうちに来なよ!あんな怖いお母さん嫌でしょ?」

と言ってしまったら、
その友人は若干ムッとした口調で

「私が赤ちゃんの頃ぬいぐるみを買ってくれたことある」

って言い返された
友人の家はいわゆる集合団地でエレベーターはなく
狭い廊下があった。また懲りずに遊びに行こうとしたら、
ちょうど友人毒親が階段の上にいて鉢合わせ

「またあんた来たのね!うちの子を誘わないで!」

鬼の形相が怖くて頷きながら帰ろうとしたら、
その母親のサンダルが壊れた?か何かで
足を踏み外したのか「降ってきた」。
言葉通り「宙を舞う」って感じ

悪意があったわけでなく
反射的に避けてしまって友人母は
そのまま顔面から落ち

「がたがたがたがた!」

とすごい音で転がり落ちていった
生まれて始めて血溜まりが出来る瞬間を見た
ドラマの死体と同じだ!と震えてたら
少しだけ頭が起き上がって

「何してんのよ、救急車呼びな!」

スポンサーリンク

と怒鳴ってまた直ぐに失神?した
怖くてこのまま友人家に駆け込んで
救急車を呼ぶか(家には友人が留守番してたはず)、
ここからでも叫べば通りには大人がいるはず、
というか1番近い適当な家の人でもいいはず

すごく迷って(といっても実際は数秒)ふと

「あれ?このおばさんいなければ
もっと友人と沢山遊べるのでは?」

と思った
その時友人母は手足や指がピクピクしてて
一応生きてる風だったけど見捨てて逃げた
もしこのまま大した怪我じゃなかったら
私が見捨てたことバラされるかもなと
考えたりもしたけど、
もしかしたら上手くいくかも…と全力疾走

結局友人母はそのままそこで亡くなってたらしい
同じ団地の人が見つけてた
友人は最初こそ落ち込んでたけど
祖父母と暮らすようになってから
(父方なのか母方なのか不明)

少しふっくらして可愛い髪型をして
母親が死ぬ前よりイキイキとしてた

今はお互い家族を持ったけど
定期的に連絡をとってたまに飲みに行ったりする
母親の事故の話は私からは1度もしてない

友人は

「あの母親に引かず、ずっと友達を続けてもらえて嬉しい」

とことある事に言ってくれる
見捨てたことが黒いのはもちろん、
虐待がやめさせられるとかそういうことより
「友人と遊びたい」という気持ちが最優先だと言うのは
秘密

あの事故現場にいたこと、その後の行動、
自分の親にも旦那にも、友人にも言ってない

知ってるのはあの時死んだ虐待ババァだけ

スポンサーリンク