【涙腺崩壊】ごめんな

今日、半年ぶりに家に帰ってきました。

私は末期ガンで手遅れで、もう何週間も保たないでしょうと

宣告されました。だったら家でと帰ってきました。

 

私は32歳。妻は28歳。

子供は二人いて3歳の男の子と0歳の女の子です。

妻の肩を借りて家に入ると、上の子が私の手を取り、

 

「とうちゃんおかえり!とうちゃんちいさくなったね」

 

って笑顔で言われました


「○○が大きくなったんだよ」

 

って言うと、

 
「じゃあたくさんたべて、とうちゃんもおおきくなって、なつにうみにいこうね!」

 

って。

妻はそれを聞いて、

 

「今日は大きくなるご飯にしようね」

 

って笑顔で答えていました。

ごめんな。ごめんな。ごめんな。ごめんな。ごめんな。ごめんな。

スポンサーリンク

最後まで守ってあげられなくてごめんな。

 

いつも明るい長男へ。

一緒にW杯も行けなくてごめんな。ドイツに連れていけなくてごめんな。

これから毎日サッカー教えてあげるから。

 

妻であり最愛の人へ。

新婚旅行に連れていけなくてごめんな。笑顔で子供と接してくれてありがとう。

落ち着いたら、新しい出会いを探して幸せになってほしい。

 

生まれたばかりの長女へ。

パパって呼んでもらえなくて残念だけど、ママに似て美人で優しい娘に育ってください。

純粋な笑顔のままで。ママと仲良くしてください。

 

父、母へ。

あの世に行ったら、酒呑みましょう。それだけが楽しみなのです。

死にたくない。

 

やり残したこといっぱいです。

助けてください。

 

お願いです。

家族を守ってください。

スポンサーリンク