【涙腺崩壊】お姉ちゃん、起っきして!寝ちゃだめだよ、お勉強できないよ!

俺には六歳の妹がいる。そして一つ上の姉もいた。

三年前、当時妹は三歳、俺は高校二年、姉は受験生だった。

姉は受験生なので夜遅くまで勉強し、

朝なかなか起きて来ないので妹が姉の目覚まし役だった。

「お姉ちゃん起っきして!」

 

と、毎朝姉を起こしていた。

姉は起きると必ず、妹を一度ギュッと抱きしめて布団からでる。

そんな姉と俺はというとケンカの多い姉弟だった。

俺たちがケンカするたびに妹は泣きじゃくり、母さんに怒られた。

ある日の朝、俺と姉は洗面所の鏡の優先権をめぐって、いつもの言い合いに。

「死ね!」「消えろ!」とか簡単につかった。

結局姉は学校に早く行って、学校のトイレで髪を整えると言って家を飛び出していった。

俺は普通の時間に家を出た。

大通りを歩いていると、人だかりがあって、救急車が止まっていた。

その人だかりの隙間から見えたのは、頭から血を流して倒れている姉の姿。

 

「姉ちゃん!」

 

俺は鞄をほうりなげ、人だかりに割って入った。

 

「姉ちゃん!姉ちゃん!」

返事はない。

すぐさま救急車に俺も乗り込み、姉は病院に運ばれた。

姉は即死だった。居眠り運転の車が突っ込んできて姉をはねたらしい。

俺はベットの上の姉の姿が見ていられず、病室の外の椅子で泣いた。

スポンサーリンク

姉の前では涙を見せたくなかった。

なんか弱いところを見せたくなかった。

この期に及んで俺はなに意地はってんだ。

母さんが妹を抱きかかえて、走って息をきらしてやってきた。

俺と病室に入った母さんは、姉の変わり果てた姿を見て泣きくずれた。

俺は涙を我慢した。すると妹が姉のもとに駆け寄り、

 

「お姉ちゃん、起っきして!寝ちゃだめだよ、お勉強できないよ!

ねえ、起っきしてよ、お姉ちゃん!」

 

涙があふれた。我慢なんてしなくていい、我慢なんてできない。

俺は悲しさと自分の愚かさに泣いた。

何で逝くんだよ、朝ケンカしたやんか、まだ大学入試終わってねえよ、

あんなに頑張ってたのにこれで終わりかよ。

自分の中でたくさんの感情がいっぺんに出た。

 

「お姉ちゃん!お姉ちゃん!」

 

妹はまだ姉の腕をつかんで話しかけている。

 

「お兄ちゃん、お姉ちゃん起っきしない。」

 

「もう、お姉ちゃんは起っきしないんだよ。」

 

そして俺は妹をギュッと抱きしめた。

俺は今姉の志望していた大学に通っている。

姉の夢を俺が叶えると誓った。

そして、三年前から毎日の日課として続いていることがある。

それは毎朝妹をギュッと抱きしめて一日が始まること。

妹に嫌がられる日がくるまで俺は続けるつもりだ。

 

スポンサーリンク