フラフラの状態で病院に行った。老人「若者は老人に席を譲るべきだ」私は床にへたり込んだ

1週間ほど右の耳の後ろが痛いんだけど、
触っても何もない。
同時に体がとてもだるくなったんだけど、
熱を測っても微熱しかなくて、
よくわからず寝て過ごすようになった。

そうこうしていると胃も痛くなってきて24時間、
水を少し飲めるだけになった。
風邪をひいたときのような体のだるさ、
胃痛、吐き気、そして何も口に出来ない状況から
本能的にヤバイと感じてかかりつけの病院に行った。

スポンサーリンク

連休明けだったせいで病院が老人でごった返して
席がなかった。
私はフラフラの状態で、その時診察に入った人の席に座った。
その後も老人が次々とやってきた。
老人の付き添いの人も老人なので、
病院内は20代は私と茶髪のにーちゃんくらいで、
あとは平均年齢60超えた人たちばかりだった。
茶髪のにーちゃんは座らずにしゃがんでスマホを触ってた。
私は体がだるすぎて席から離れられなかった。

しばらくすると、杖をついたよろよろの
80代くらいのおじいさんが付き添いの人2人と
やってきた。
私の前に立つと

「若者は老人に席を譲るべきだ」

主張し始めた。
確かに健常時はそうかもしれないけど、
ここは病院。
病院に老人優先もくそもあるか、
付き添いの健康な老人が立てばいいだろ。
今すぐにも横になりたいくらいの
体のだるさに耐えながら必死に抵抗したが、
茶髪のにーちゃんは立ってるだろと畳み掛けられた。

茶髪「え、俺検診だけで元気ですし」

助け舟を出してくれるにーちゃん。

スポンサーリンク
 
でも病院内は老人の園。
となりの比較的若い付き添いできていたおばさんが
 
「私も立つからお二方に席を譲りましょう?」
 
と、私の二の腕を掴みむりやり席を奪われた。
私はそのまま病院の床に胃を抱え込むように
へたり込んだ。
立っていると全身に力をこめなくちゃいけなくて、
気持ち悪さが増して吐いてしまいそうだっただから。
にーちゃんから大丈夫ですかと背中をさすられて、
惨めで泣きそうだった。
 
少しして中に引っ込んで仕事をしていた
受付の人が老人を介助しながら待合室に出てきて、
へたり込む私を見た。
 
にーちゃんがパイプ椅子とかないかと尋ねると、
受付の人は声を張り上げ
 
「付き添いの方は席をご遠慮ください!」
 
と一言。
けれどその時誰も動かなくて、
受付の人は再度、もっと強い声で
 
「健康な付き添いの方は席をご・遠・慮ください!」
 
すると5人の老人が渋々立ち上がり、
席の半分があいた。
 
お年寄り優先を美徳として声高に宣言するのはいいが、
場所を弁えろと言いたい出来事だった。
 
 
診断結果はヘルペスでした。
1月くらい辛い体調と付き合うはめにorz
 
 
その日、家に帰って寝ていたら、
右目のあたりが痙攣してきて痛みで目がさめました。
ただその後痛みは首・肩のほうに広がったので
顔は大丈夫だったみたいです。
 
スポンサーリンク