誰もいないはずの家で「たっだいまああああんはあああん・・」客間の襖が開いた

夜勤激務+残業+悪天候の中帰宅、で、
何か妙にテンションが上がってしまい、
誰もいない家(父・仕事、母・パート)に

「たっだいまああああんはあああん
疲れたあああはあはあはあああん!」

スポンサーリンク

と滑り込む様に帰宅して、
擦り寄ってきた猫たちを赤ちゃん言葉と<
ムツゴロウさん的なペロペロで散々かわいがり

「お腹すいたぁ!おにぎり食べるぅん!
その前にお風呂ぉ!っていうかウ○コ出ちゃうしー!」

とか、楽しんごみたいな
オカマ声でしなくていい実況して、
ついでに何発かオナラもしたら
客間(普段は物置にしてる)の襖がガラッて開いて

遠方に住んでる兄夫婦が
顔真っ赤にして出てきて、
私の顔見るなり爆笑した。

衝動的に家飛び出してきてもう2時間。
携帯と車の鍵だけポケットに入ってたけど、
免許置いてきたから車で移動できないし、
財布もないからネカフェやファミレスに
待避することもできない。
傘もないのに雨も風も強くなるばかり。

スポンサーリンク

近所の図書館に避難して入口で座ってたら、
職員の人がタオル貸してくれて
温かいお茶まで飲ませてくれた。
19時で閉館だし家のご飯作らなきゃだしで
覚悟を決めて(でも兄夫婦がいない事を全力で祈りつつ)
帰宅してドア開けた

義姉「…おっかえりいいいいんんんふおおおおっふおっふおっふ!」
(廊下の角に腰カクカクしながら)

兄「○○ちゃーん!(私)かわいいねぇかわいいですねぇ
骨太で筋肉質!実に素晴らしい!」
(タオルで私の頭拭きながら)

私「………」

兄「誰だって人目がなければ
同じようにはじける事くらいあるから」

義姉「わかるから!普通だから!」

と真っ赤な顔で諭された。
お兄ちゃんとお姉さんは大人だった。
風呂後、皆で鍋つついて、
雨風が弱まったので兄夫婦は帰っていった。
暫く布団の上でジタバタ悶えてから寝る。

ありがとう

スポンサーリンク