医者「5年から10年ぐらいの覚悟をしておいてください」 彼女「ふざけるな、あんたがタヒぬまで一緒にいる」

ある日いきなりムネやら背中とかが
尋常じゃない激痛に見舞われて、
救急車で病院に行ったんだけど、検査入院とかで一日たったら
痛みも引いてきて、まあ大したことないだろと
帰宅して彼女に電話したのさ
俺「わけわからん痛みで病院いっちゃったよ」
彼女「また胃潰瘍かい?」
俺「わからんまた明後日病院行ってくるさ」
で病院に行ってきたら
医者「どうやら悪性リンパ腫です」
は?何それ?と思ってたら
医者「5年から10年ぐらいの覚悟をしておいてください」
その後の説明はほぼ素通りしちゃってた、
家に帰る頃には少し冷静になれたから
両親に相談して彼女と別れたほうがいいってなったのさ

スポンサーリンク

ある日いきなりムネやら背中とかが
尋常じゃない激痛に見舞われて、
救急車で病院に行ったんだけど、検査入院とかで一日たったら
痛みも引いてきて、まあ大したことないだろと帰宅して彼女に電話したのさ
俺「わけわからん痛みで病院いっちゃったよ」
彼女「また胃潰瘍かい?」
俺「わからんまた明後日病院行ってくるさ」
で病院に行ってきたら
医者「どうやら悪性リンパ腫です」
は?何それ?と思ってたら
医者「5年から10年ぐらいの覚悟をしておいてください」
その後の説明はほぼ素通りしちゃってた、
家に帰る頃には少し冷静になれたから
両親に相談して彼女と別れたほうがいいってなったのさ

ちなみに一年前の出来事です

スペック書いてなかったですね
俺 29
彼女 26
付き合って10年ですちょうど結婚の準備やらを始めたとこでした

どうやら悪性リンパ腫は血液のガンで
医者には10年生存率50%と言われてます
書くの忘れてましたそのあとは生存率は
下がっていきますと言われました

そのあとも三日ぐらいタヒぬ時の事ばっか考えちゃうんだよ
ばあちゃんが胃癌で亡くなってるもんだから、
「俺もがりがりにやせ細って髪も抜け落ちて
ミイラみたいになっちまうのか」ってね
そう思うと正直余計彼女には見せられないって思っちゃうのよ
でも、正直自分でも不思議なぐらい
突然タヒぬのはしょうがないこれからどう生きようって
思い始めた時、まず彼女と別れようと思い彼女を呼びだしたんだ

ちなみに俺の親戚で20代で胃癌で亡くなった人がいるんだよ
その人の葬式の時、その彼女さんが泣き付いて取り乱してるの
見てるんだ当時20代前半だったけどものすごいショックだった

健康ってのはすごく幸せなことだと思う
なりたくてもなれない人はいるんだから

彼女と会った時まず怒られた

「なにがあったのか言わないとこっちもなにもできないだろ」

って
ああこんなに心配させて俺って最低だなと思ったし
なんでそんなに男前なんだよ惚れ直しちまうだろ!

俺「ごめん、この前病院に行ったって言ったよね
その時悪性リンパ腫と言われ10年以内にタヒぬらしい」

スポンサーリンク

俺「だから、このまま○○を幸せにすることができない、
だから婚約も破棄して別れてほしい」

彼女「冗談にしてもたちが悪いよ、本気で言ってんの?」

まあ見た目的には何にも変わってないから
俺でも冗談だと思うしな

俺「10年付きあって結婚する相手にこんな冗談言わない」

俺「正直結婚する前でよかったと思ってる」

俺「×もつかないし○○は美人だしすぐいい男がみつかるさ」

彼女「じゃああんたよりいい男はみつけられないから
わかれるのは無理だね」

彼女「ていうか反対の立場だった場合別れるの?」

俺「いや最後まで一緒にいるけど」

彼女「そういうことだから」

って言っていきなり走って帰っちゃったのよ、
ほとんど最後の方は泣きながらだったけど

とりあえず俺も帰って考えたけど
やっぱりこのままじゃだめだ俺の人生に
彼女を付き合わせてるだけだって
だから彼女がいない時に向こうの実家を訪ねて

俺「すみません○○と別れます協力してください」
俺「あと10年ぐらいしか生きられない状態で結婚はできません、
どうかお願いします」

こんな感じで話会いをしていて出た結論が

「最終的には二人で話し合って二人が出した結論が答え、
それを応援する」

なんだか俺の周りには男気あふれた人たちがそろってるみたい

でも俺は自己中だが別れるとしか考えられなかった
無駄な(馬鹿な)努力をしてみたわけだが
まったくもって成果がでないまま
今度は彼女と連絡取れなくなってしまいました
3日後ぐらいにいきなり彼女に
呼び出されて会いに行ったら

彼女「私と結婚しなくてもいいよ」って言ってくれたんだがそのあと
彼女「その代り子供を作ったらいいよ」
俺「あほか!んなこと絶対できるか!」
彼女「私に生きがいを残してよ!」
俺「そんな無責任なこと絶対できない」
彼女「ふざけるな、あんたがタヒぬまで一緒にいる」
彼女「子供がいればあんたも必タヒに生きようとするでしょ」
彼女「とにかく異議は一切認めない!!」

ここまで彼女がずっと泣きまくりながら笑おうとしてた
それを見てて別れることが一番悲しませることに
なるのかとふと思ってた

俺「わかったじゃあ結婚してくれ」
彼女「じゃあってなんだ!!!ふざけんな!!!」

とまあこんな感じで結婚の流れになったんだが
その後俺の両親に言った時には
病気じゃなく今タヒぬかもってぐらい
なぐられた

まあこんな感じですよ
これからいろいろ大変なことたくさんあると思うけど
この嫁と一緒なら乗り越えて行ける気がする
嫁愛してるぞ

まじで子供が生まれました
この子の為に簡単にはタヒにません!

ありがとうみんなの呪いで生き延びてやる!

こんな話に付き合ってくれてありがとう

スポンサーリンク