自転車の点検するなら何でウチにも声を掛けてくれないんですか?

旦那が車の整備士で
休日に子供と私の自転車を
整備してくれることがある。
昨日の話なんだけど車庫で
旦那が自転車を整備していると
近所の奥が声を掛けてきた。

「すみませ~ん、私のとウチの子のも
見てもらえませんか?」

その奥さんとは町会役員を一緒に
やってる仲なので旦那は快く引き受けた。

スポンサーリンク

結局、通りがかりに目撃され、
十台くらい整備する羽目になったのですが、

「まあ、こんな事でもお役に立てれば。」

と旦那は苦笑いしていた。
中にはおすそ分け程度の
お礼を持参してくれた家もありましたが・・・
挨拶程度の仲で裏のアパートに
最近越してきたUさんが暫くして怒鳴り込んできた。

「自転車の点検するなら何でウチにも
声を掛けてくれないんですか?」

一瞬、ムッとした旦那ですが、
仲間外れにしたみたいで悪いからと見てあげる事にしました。
奥さん、旦那さん、子供2人分の自転車を持ってきたU奥。
他の皆さんは、ねじの締めなおし、
チェーン張り、各部に油を差す、
タイヤのバランス取り、空気を入れる程度だったけど、
パンク修理4箇所がおまけについていたw

「ブレーキが甘いけど、
ブレーキまでは責任持ちたくないから、
自転車屋で調整してもらってください。」

と旦那が言ったので、
その後、一家で自転車屋に向かったらしい。
一時間後位かな?U奥と旦那がやってきて
笑顔で紙切れを差し出した。
見てみると・・・

「2,800円 但し、ブレーキ調整4台分として ○×サイクル」

「はぁ?」と私・・・
U奥「だって自転車屋でやるとタダじゃないんだもん。」
U旦那「お宅でタダでやってくれると言うのでお願いしたんですが・・・」
私は旦那を呼び、領収証を手渡す。
旦那「これを私に払えと?」
U奥「だって自転車屋で調整してもらうようにって
言ったじゃないですか?」
旦那「だからってウチが払うのはおかしいと思いませんか?」
U旦那「貴方は整備士と聞きましたが、
そんな仕事で恥ずかしくないんですか?」
と声を荒げる。
U奥「ブレーキはお店でってそもそもおかしな話ですよね?」
とまたしても大声。
旦那「これ以上会話したくないのでお引取りください」
と玄関のドアを閉める。

「大体、整備士の癖に自分の仕事に責任が~」
「タダだからお願いした~」
などと外から声が聞こえてくる。
「110番するから録音しとけ・・・」
と旦那、私はビデオカメラで外の音だけを録音。
子供達が怖がっているにもかかわらず、玄関の外から罵声が・・・
おまけにドアを叩き始めた。
「2,800円払えば居なくなるのか?」と思った瞬間、
「ああ、ウザイ、子供に見せるな、録画もしとけよ。」
と言って旦那が外へ。

スポンサーリンク

旦那「警告する。10秒以内に立ち退かないと力ずくで排除する!」
U旦那「理屈でかなわなければ暴力ですか?」
旦那「10、9、8・・・」
U奥「暴力振るったら訴えますからね。」
旦那「3、2,1」
カウントが終わった瞬間、
旦那はU旦那の尻に思い切り蹴りを入れ、
U奥を突き飛ばした。
「何をするんですか?」とU旦那
「10秒以内に立ち退かないと力ずくだと警告したはずだ!」
「そんなの無効だ!」
とU旦那が殴りかかってきたけど秒殺で倒れた。

いつの間にか集まっていた近所のギャラリーがどよめく。
U奥「ちょっと何するんですか~」
そんな声もお構い無しに旦那はU奥に水を掛け捲る。
そこへ警察登場。
旦那は私の持ってるカメラを受け取ると
涼しい顔でパトカーの後部座席に自ら乗り込む。
呆気に取られる警官に、
「詳しい話はここではなんだから署で話す。
この基地外二匹も連れて来て下さい。」
と飄々と告げる。
「しかし・・・」と警察官
「こいつらの恐喝の証拠と強制退去への
いきさつはカメラに収めてあります。」
と旦那。
U夫婦は一旦自宅に戻り、旦那だけが所轄所に・・・

二時間後、旦那はパトカーで送られて帰って来ました。
録画を見て正当性が立証され、
被害届を保留して来たそうです。
さっき近所の3世帯に録画を見てもらい、
昨日の経緯を報告しました。
U夫婦はそれ以来音沙汰無し。
これからどうなる事やら。
ありがちな話ですが旦那は元ヤンキー、
前スレにあった話のように地元に出戻り。
典型的な自治会活動積極参加な子煩悩パパ、来年はPTAやるんで少し欝

先程、警察の方とU夫婦が来て、U夫婦から

「警察沙汰(被害届)は勘弁してください。」

と謝罪がありました。
何でも、旦那が自治会から謝礼を貰って
自転車の整備をしてると思い込んでた。と・・・
苦しい言い訳だなと思いながら聞いてました。
「まあ、こちらも手を出した訳だし、
済んだ事でいいんじゃないですか?」と旦那。
この件に関してはこれで終わりにしたと言うか、
旦那が面倒臭そうだったので終わらせました。

ブレーキは整備しなかった件ですが、
どの家庭に対しても異常があれば
自転車屋を勧めてました。
ブレーキには神経質で
「ちょっとでもブレーキがおかしかったら言うんだぞ。」
と子供に言ってます。
職業柄、危険性と重要性を意識しての事と、
無償で行う事に対しての責任逃れだと思います。

スポンサーリンク