夜中に日本平に行きたくなって行った。午前2時広い駐車場でぽつんとしていたら1台の車が。女性が降りてきて話しかけてきた。

20年くらい前の恐怖体験ではないが、
忘れられない不思議な体験。

週末の夜中に、なぜか静岡県の日本平へ行きたくなり
1人車で行った。

まぁ昔よく走りに行ってた所なんで
懐かしさが込み上げて来たのかな程度だったんです。
夜中の2時過ぎ頂上付近の広い駐車場で1人ポツンと
ジュースを飲んでいると、1台の車が来たんです。
広い駐車場なのにその車は、俺の車の横に止まり、
中から1人の女性が降りてきて自販機でジュースを買い
俺の方に向かってきた。
暗い中でもちょっと可愛い子とわかり
内心、ラッキー!と思った。(下心あり)

スポンサーリンク

向こうから声をかけてきて

「何してるの?」

とか

「どこから来たの?」

とか、他愛のない会話をして徐々に
盛り上がってきたので、思い切って
近くに夜景の綺麗な所があるから
今から一緒に行かない?と誘い
俺の車1台で行くことになった。

車で30分くらいで目的の夜景スポット
(ヤンバラという所)に着き、夜景を見ながら、
どうやってホテルまで誘うか?
など頭の中で妄想を膨らませていると
その女性が急に泣き出し、
今夜、本当は自殺しに日本平に来たことを明かした。

理由は色々あり、そんなんが
一気に重なって思いつめてた様子だった。
俺の欲望は一気に冷め、慰めることだけに
集中することにした。

「生きてりゃいい事あるよ」

とか

「そんな可愛いんだからもったいない」

とか

「自殺しても何の解決にもならない」

等、ありきたりの話をして
思いとどまらせた。
つか、正直ちょっと怖かった
たまに会う目線が逝ってるというか、
焦点が定まってないというか妙に生気が
感じられないというか、なんというか
いつの間にか人間っぽくなくなっていた。

しばらくして女性は、
少し落ち着いたのか

「ありがとう。頑張ってみる」

と言い、日本平に帰ることになった。
帰りの車の中、まだ鉛の様な空気が漂っていたが、
強引に笑い話をしてその場を盛り上げ、
彼女の車の所まで行き

「もう死ぬとか考えるなよ」

と言い最後に握手して別れた。
異常に彼女の手が冷たかったのを覚えている。
変な夜になっちまったと帰りのほとんど
車が走っていないバイパスを飛ばして帰った。

スポンサーリンク
 1時間くらいかけて、
家に着きポストを見ると黒い手紙が届いていた。
 
住所も何も書いてない真っ黒な手紙で
気持ち悪いその手紙を開けると
 
「今夜はありがとう。とても綺麗な夜景が見れて楽しかったわ」
 
と、それだけが書いてあった。
まさか、さっきの彼女か?
と思ったが住所など教えていないし、
後を着けられた覚えもない。 
速攻で外に出て周りを確認したが 
それらしい車も止まっていない。
 
急に怖くなり、速攻で手紙をゴミ箱に捨て 
酒を飲んで寝た。
 
次の日、昼くらいに起きて昨夜の事を思い出し 
ゴミ箱に捨てた黒い手紙を再度確認する。
 
やっぱりどう考えてもおかしい。
 
昨夜日本平で彼女と別れてから
結構なスピードで帰ってきた。
コンビニなんかも寄っていない。
どこら辺に住んでいる位は話したが
住所など教えていない。
 
やはり怖くなって、
忘れる為にその手紙をゴミ箱に捨て
朝食を買いに出かけて家に戻ると、
またポストに黒い手紙が届いていた。
 
もう震えがとまらなかった。 
ポストから手紙を取り出す手が
ガクガク震えて止まらない。
 
手紙を開けるべきか、
そのまま捨てるべきか、
悩んだ挙句、開けることにした。
 
「手紙捨てないで」
 
と、だけ書いてあった。
もう恐怖の絶頂で目の前が暗くなった。
もうなんなんだ?これはなんなの?
どうなってるんだ?訳がわからなくなり、
友達を呼んで一部始終を話して
その手紙を見せた。
 
友達も訳がわからず、
とりあえず捨てないで持ってろよと言うだけ。
また捨ててまた手紙が着たら怖いだろ、と。
 
持っているのも怖いけど、捨てるのも怖い。
どうしていいかわからないまま、
とにかく早く忘れる為にも、
たくさんある電気とかガスとか
請求書の中に紛れ込ませ、箱に入れ、
その箱をダンボールの中に入れ、
押入れの奥へしまった。忘れる為に。
 
そんなこんなで数年が経ち
そんなこともすっかり忘れていました。
引越しの日が来るまでは。 
押入れの中にあるそのダンボールの中の箱を見つけて、
あの当時の事を思い出すが、
さすがに箱の中までは確認しなかった。
 
当時の恐怖は薄れていたが、
捨てずに新しい住居に持ってきて
また押入れの奥にしまい、ある意味封印した。
 
そんな事も忘れてさらに数年が経ち、
今に至る。
 
しかしなぜ今になってこの話を思い出したか?
 
俺が経営する会社の役員が
裏切り膨大な借金を残して姿を消した。 
信用していた役員(あの当時、手紙の話をした友達)
が勝手に俺のハンコを使い、
いつの間にか借金の保証人にされていた。
 
毎日のように会社に
取り立てにくる金融業者。
ライバル会社に渡った(売られた?)顧客リスト。
オマケに顧客にまでウチの会社は
借金だらけという話まで流されていた。
当然、売り上げはガタ落ち。
社員も全員辞めた。
今まで頑張ってきた10数年の苦労が
水の泡となった。
 
絶対的な信用を持っていた人に裏切られ、
会社もなくし、膨大な借金だけが残り、
何もかもが嫌になり自殺まで考えたある日、
家のポストに住所も何も書いていない
黒い手紙が入っていた。
 
当時の記憶が蘇るが、
恐怖もくそもない。躊躇なくその手紙を開けた。
 
「生きていれば、いい事あるわよ。死ぬとか考えちゃダメだよ」
 
と、だけ書いてあった。
恐怖とかそんな感情はまったくなく、
涙があふれ出てきた。
 
当時彼女に言った俺の言葉だ。 
 
俺は、押入れから例の箱を取り出し、
当時の黒い手紙を探し出し、
3通になった黒い手紙を並べて、
生きてまた頑張ることを誓った。
 
今は、まだ貧乏生活が続いているが、
なんとか1人で生活できる程度にまでになった。
 
あの時の彼女は、
いったい何者だったのか今でもわからないが、
感謝している。
 
もちろん今でも、この黒い手紙は、
大事にしまってある。
 
 
スポンサーリンク