結婚式に強制参加させられ「お前みたいな役立たずの豚女にはこんな場所一生縁がないだろ」

数年前に再従姉妹の結婚式に強制参加させられた時の話。

私→オカリナをフライパンで
叩き潰したようなデブス。公務員。
祖母→地元では有名な地主。

再従姉妹(新婦)→宮崎あおい似の美人
新婦父→地元企業の社長。祖母の兄弟の息子。

微妙にフェイク入れるので
辻褄が合わなかったらごめん。

スポンサーリンク

新婦は自分より2つ年上なんだが
幼い頃から新婦家族と
取り巻きの親戚から虐めみたいなことをされてきた。

主に容姿や学歴職歴関連でのことでの中傷が多く、
その度に祖母や良親戚がしめてきたが全く効果なし。
自分としてはデブはともかく
ブスは生まれつきだししょうがない、
学歴職歴も「ああはいそうですか」
とほぼスルーを決めていたけれど、
なるべくなら関わりを持ちたく無い相手だった。

なので、結婚式もお断りするつもりだったが、
新婦側が盛大な式にしたいと親戚は強制参加。
おめでたい席だから今回だけは
我慢してもらえないかと祖母から
頭を下げられ仕方なく出席した。

式当日、到着した私を見て鼻で笑う新婦側一同。
まあいつものことだとスルーしてたら、
新婦側友人席がこちらを見てひそひそ。
どうせ新婦が何か言ったんだろうなあと
会釈をしてスルー。

式自体は盛大なだけあって、
食事も美味しかったし、
余興も凄かったんだけど披露宴で
とうとうやらかしてくださいました。

酔いが回った新婦父と取り巻きの親戚連中が騒ぐ騒ぐ。
新婦の配慮()で端のテーブルにいた
自分のところまでわざわざ来て

「ブスの上にニートとか女として終わってんなwww
○○を見習えよwwww」

とか

「御祝儀ちゃんと持ってきたか?
親の脛齧って出して貰ったんじゃないか~?wwww」とか

「お前みたいな役立たずの豚女には
こんな場所一生縁がないだろwwww
招待してくれた○○ちゃんに感謝しろよ~?wwwww」

など散々弄り倒してくれた。
両親が顔を真っ赤にしてぶち切れそうに
なってたのをやんわり抑えてたら、
一部始終を見ていた祖母が
スピーチ用のマイクを引っ掴んで

「あんた達!!!いい加減にせえよ!!!!
確かにこの子は一時期働いてなかったけど、
それは母親の看病しとったからやろ!!
それに今は立派な社会人じゃ!!!
あんた達が一生かかってもなれない公務員じゃ!!!
東京に行ってるのも遊びに行ってるんじゃない!!
○○省に出向して向こうに行っとるだけやろ!!!」

スポンサーリンク

と大噴火。
あまりの怒気に会場スタッフも動けず、
自分も含めて出席者全員もポカーン。

「はー… 本当にあんた達ときたら…
申し訳ないけど、もうあんた達とは付き合えん。
今回の式の費用も返さんでいいから二度とうちの敷居を跨ぐんじゃない。
あんた達がうちに残してある荷物は明日にでも
纏めて贈ってあげるから二度と顔を見せないでおくれ」

と言い放ち、私の手を引いて会場から出ていった。
後日、式場に菓子折り持って
祖母と謝りにいった時と婚約解消されて
半狂乱になった新婦と新婦父が
乗り込んで来た時が修羅場。

「あいつみたいなクズのブスがそんな仕事なんかに」

と散々ファビョってくれたけど、
それ以上に怒った祖母と叔父叔母(良親戚)が追い返してくれた。
ビビりの私は奥の部屋で震えながら隠れてたw

田舎だと公務員最強って節があるから
新婦を見返してやりたかった気持ちもあるけど、
何より自分がやりたい仕事だったから、
看病しながら勉強頑張ったんだ。

今月、ようやく溜まったお金で
祖母と両親に海外旅行をプレゼントできたので
記念カキコ。

言われ慣れてたっていうのもあるけど、
やっぱりおめでたい席だから嫌な奴でも
ゴタゴタさせるのはいかんよなあって
思って軽く流してたw

お金のことはよくわからないけど、
祖母が衣装代と余興代の一部負担したみたい。
ほとんどは新郎新婦側が出したって
新婦父が自慢してたから、
会社自体はそこそこ儲かっているんじゃないかなあと思う。
招待客として関連企業や自社の従業員さんやも
全員出席させてたみたいだから、
社長の新婦父の評判は下がったかだろうしそれが修羅場かも

といってもやってくれたのは
祖母なんだけどねw

公務員受験中は祖母や両親にも迷惑かけたし、
遅くなったけど祖母&親孝行できて本当によかった。

新郎側の親族と新郎がお世話になった方に
当時私が出向してた官庁OBがいたのと、
新郎自身が新婦と新婦父の態度に
冷めてしまって婚約解消したらしい。
新郎は政治家だったから再従姉妹と
結婚することで組織票を集めたかったみたいで
愛情とかはなかったみたいなんだけど、
再従姉妹は政治家と結婚して
玉の輿に乗ったつもりだったから、
相当揉めたらしいというのは聞いたけど、
叔母から聞いた話なので真偽は不明

スポンサーリンク