姑に最後の孝行と思い40万の入れ歯をつくってあげたが

死んだ姑が老健にいた頃、
月に何度か来てくれる歯医者さんで
入れ歯を作ってもらったことがあった。
当時80歳を過ぎていたが、
食べることが好きな人だったので
歯がなくて食べられないのは辛いだろうし
施設の中でせめて食べる楽しみが増えたら
生活にも潤うかなとか思って。

スポンサーリンク

で、姑に作って貰ったら?
って聞いたらイェスともノーとも言わなくて
高価なものだから遠慮してるのかなと思い、
歯科医にはこちらからお願いした。

もちろん夫とも相談したし、
費用はこっち持ち。ちなみに40万弱かかった。
たぶん最後の入れ歯になるだろうから、
いいやつを作ってあげたかった。

ところが、せっかく作ったのに調整を面倒臭がって
歯科医が訪問して予約までしておいたのに
嫌がって罹らない。
予約日に合わせて老健に行って、
車椅子の姑を連れて行こうとしても
不機嫌になって行きたくないと言う。

スポンサーリンク

理由を聞くと、
「面倒臭い」とか「痛いからやだ」と言い
結局大金はたいた入れ歯は
調整もちゃんとやらないまま何年も過ぎて
姑は亡くなった。
正直、なんだよーって思った。
そんなにイヤなら最初からちゃんと
要らないって言ってくれれば良かったのに!って。

が、先日私もついに生まれて初めて
入れ歯(ブリッヂのやつ)を
作らなきゃいけなかったんだが、
自分で作ってみて初めて分かった。

姑の上の歯全部の入れ歯と違って、
小さなブリッヂタイプのやつですら
調整がちゃんと終わって使い慣れるまで、
思ったよりずっと痛いし時間もかかるし面倒臭い。

もう80歳も過ぎてまで、
あんな面倒なこと、あんな痛いこと、
本当は嫌だったんだろうな。
私が勝手に(良かれと思ってにしろ)
押し付けたようなものだったな。
申し訳ないことをしたと今更ながら思った。

お詫びにお仏壇に姑の好きなみたらし団子御供した。

あとで私が食べるけどw

スポンサーリンク