ホームレスしてたこと
大学1年の時に事業に失敗した親が
マチ金に追われて夜逃げした

私は遠方で独り暮らし中で何も知らされず、
親戚から連絡が来て初めて知った

私はそれまでアルバイトもろくにしたことがなく、
馬鹿だから奨学金もとれてなくて
学費払えないし家賃払えないし、貯金なんてなかった

スポンサーリンク

友達にご飯を食べさせてもらい、
大家の温情で2カ月は置いてもらえたけど
最終的にいたたまれなくなって私も夜逃げした
でも行く先がなくて駅のベンチを転々として、
廃棄弁当をもらって食べてた

着替えは少ないし公園で水洗いするだけだし、
シャワーも浴びてないからくさかった
たまに小銭を拾ったときはためておいて、
ガソリンスタンドにある安いシャワーを使った

スポンサーリンク

4カ月くらいで警察に職質されて、
未成年だからシェルターで保護してもらった
働き方を教えてもらって、
正社員になって独り立ちするまでそこに置いてもらい、
家を借りるときには保証人にもなってもらった

今振り返ってみても自分が馬鹿すぎて旦那には言えない

ちなみに連絡してきた親戚は
親の連帯保証人になってたせいで
返済に追われて金銭的な余裕がないし、
私一家を恨んでいたから
私がお金を借りるというのはできなかった

他に頼れる人がいなかったから完全に詰んだと思った

当時はそいうお店というか、
自分でお金を得るという選択肢が思い浮かばなかった

甘やかされてたのもあると思うけど、
シェルターの勧めで検査したら
知的ボーダーだというのがわかったので、
その影響もあったと思う

人見知りだったので、
男性に声をかけられても逃げてばかりだったし

生きる道筋をつけてくれたシェルターの人には
感謝してもしきれないよ

スポンサーリンク