新嫁にシ別した前嫁の想い出を捨てられた
娘が小学校に入った途端、事故で他界してしまった元嫁
本当に良い嫁だったし、俺実家との関係も良好だった

俺と娘は泣いて暮らしたけど、
二人三脚でなんとか頑張ってきた
といってもやはり周りに支えられて
なんとかやってきた
そんな中で甲斐甲斐しく世話を焼いてくれたのが
会社の部下だった

シ別して7年経った頃、
交際を始めることになり娘に紹介した

スポンサーリンク

当時中2だった娘が多感な時期なので
高校出るまで待ちたかったが
娘が小学校の時から懐いていたこと
元嫁が他界した頃新入社員だった部下もアラサーになり
俺が結婚してくれないなら
お見合いして田舎に帰ると言ったので
娘の強い要望もあり再婚した

元嫁の仏壇は今でも家にあるのだが
(家は娘が3歳の時に建てた)
再婚するまでは
元嫁の写真が家中いたるところにあった

再婚する際、娘とも話し合い、仏壇はそのまま
写真は部屋には飾らず、
娘の勉強机にも飾らず引き出しの中へ
元嫁は結婚前から両親がなく孤独だったので
元々実家がなかった
なので元嫁の私物は全部、
俺の実家の空き部屋に保管していた

再婚後は元嫁の話は極力しないようにして
新嫁が勝手に仏壇に線香を供えることは
止めなかったが
俺達からは強要しないようにしていたし
それまでは常時開けていた仏壇の扉も
再婚後は閉めていた

数か月前、俺の両親が交通事故を起こした
幸い命に別条はなかったが、
二人とも怪我がひどくて入院することになった
俺と嫁は実家に行き、
両親の着替えを取りに出入りするようになった
その際、新嫁に実家の合い鍵を渡した

両親もしばらくして相次いで退院し、
元通りの生活を送っていたが
先日娘が実家に遊びに行って帰ってきて、
俺に話があると
家では話しにくいと喫茶店に呼び出され、
話を聞いた

娘は新嫁には不満はなかったが
やはり実母が忘れられないので、
たまに俺実家に行き
元嫁の私物置き場となった部屋で
母親との想い出に浸っていたらしい

それが、日曜日に訪問したら
キレイさっぱりなくなっていたと泣きながら話した

そのまま娘を車に乗せて実家へ
両親に元嫁の私物について聞くと、
その部屋には一切入らないようにしていたので、
知らないと
両親と一緒に部屋を確認すると、
元嫁の私物は一切なくなってガランとしていた

スポンサーリンク

母親は泥棒が入ったと怯えていたが、
ひとつの可能性があった
両親の入院時に新嫁に合い鍵を渡したことを思い出した

両親と娘には俺に任せろと言って、新嫁と話をしたら
「捨てたけど文句あるの?」とサラリと言われた

娘の涙を思い返して、捨てたことを抗議したら
「私と新しい家庭を築くのに不要だ!」と
激昂して怒鳴られた
今まで大人しくて控え目だったのに
猫かぶってたのか

新嫁を迎えた俺の家の中で保管していたなら、
俺が悪いと思う
しかし娘と話し合い、
最善策だと結論が出たので俺実家で保管してた

新嫁の言い分は、
そもそも捨てずに保管してること自体だめらしい

今まで良好だった、娘と新嫁の関係、
新嫁と両親の関係が変わりそうで
娘や両親になんて説明すればいいかわからない

俺自身は新嫁に対して申し訳なくは思っていない
むしろ実家にある物を勝手に捨てたことが許せない

再婚する際、俺は娘が成人するまで
再婚しないつもりだと伝えた
でも新嫁からの猛プッシュで
「亡くなった奥様を愛し続けるあなたを愛していきたい」
と言われたから再婚したのに、
今回の事件は納得できない

捨てられた物は、主に衣類とバッグ
衣類は娘が大きくなったら着たいと思ってとってあった
バッグは使うけど、靴は娘の足のサイズが
元嫁のサイズを超えた時点で捨てたのでなかった
大きくなって衣類を着るのは構わないが
元嫁が生前着ていたものだと新嫁に言わないよう
娘に条件をつけた

あと、俺と出会ってから亡くなるまでの写真が
きれいにスクラップされたアルバム全部と
元嫁は某スポーツで県大会で表彰されて
トロフィーがたくさんあったので
トロフィーや賞状や、俺と出会う前の卒アルなど

全部燃えるゴミとして廃棄済で、
ブランドバッグが多数あったので、
質屋に売ったと言われた
質屋に電話したら、
預けて借入したのではなく売られたので
既に転売してしまって1点も残っていないと言われた

俺自身心の整理ができないのに
娘と両親に説明しなきゃならない
そしてその後の家族がどうなるのか予測もできないし
新嫁に対する愛情も一気に冷めた気がして
以前の関係に戻れる自信がない

俺に内緒で俺の実家をたまに訪問して
実母の形見の衣類に包まって
アルバム眺めて過ごしていた娘に
どうやって説明したらいいかわからない・・・

スポンサーリンク