ちょっと昔の放置話。フェイク入ってます。

Aちゃんは私の同級生で、綺麗系のかわいい顔の子でした。
ただいつもなんか薄汚れてる。
私とは幼稚園からの幼馴染で、
時々約束してなくても遊びに来る子でした。

小2のある日、夜遅く(多分19時くらい)にAちゃんが遊びに来たのです。
この日はお手紙を持ってました。
母親はAちゃんになにか聞いてから、
電話をかけてましたが全く連絡が取れなかったようです。

そんなことが続いたある日、
母はそういえばこの子、弟いたはず、
と思い出したそうで

「弟君はどうしてるのかな?」

「しゅーきょーのおまつりにままといってる。
ぱぱも一緒。わたししゅーきょーきらいっ」

と泣き出した。
そう、宗教の集会に行くために
娘を我が家に託児していたらしい。

そのときにAちゃんにおねえちゃんがいること、
彼氏の家に行ったままかえって来ないこと、
だから母親はそんな風に弟がならないように
お祈りに行くって言ってたということを怒涛のごとく話し出した。
普段あんまり喋らないおっとりしたAちゃんは
たまってた事を吐き出したようでした。

我が家は父親が単身赴任でいず、母一人で育児だったので、大人しく、
他人に迷惑かけず、どちらかというと便利に使われてたようでした。
(子供だったので私には分かりませんが母がそう愚痴ってます)
他人様に意見するなんてとんでもない、という感じの人だったのですが、
ぶちきれたのか、Aの両親呼び出し、一晩、膝詰め談判状態だったようです。

その後、A両親が改心したとかはなく、
宗教を次々変えて託児状態はそのままでしたが、
Aちゃんはうち以外のとこに預ける事に…なってたらしいのですが。
Aちゃんは姉の部屋に行くようになってたようです。
小3からだんだんうちには近寄らなくなりました。

スポンサーリンク

中3の頃、卒業間近にA両親が怒鳴り込みに来ました。
わが弟(12歳3つ下)がAを妊娠させた、と。
晴天の霹靂、寝耳に水でした。

真相はAが小6の頃、一晩帰らなかった時に、後で

「私ちゃんちのお泊り会に混ぜてもらってきたの。女の子4人でたのしかった」

って言った事から、
外泊=私の家だと思い込んでいたらしい、親。
そんな中、Aちゃん、つわりが酷くて吐きっぱなしになったのを見て、

「(私)の家にいつも行ってた、あそこには男の子が居る。相手はその子か!」

で、Aちゃんを部屋において、うちに怒鳴り込みに来た、と。
母が先ず、小学校以来うちには来てない事、
何で子供の動向を把握していないのか、と懇々とお説教がらみで話ていた。

「貴方のところに行ってるから、安心してたのに」

って言って泣き崩れた母親。
玄関先でやってたから、隣の同級生の家にも聞こえていたようで、
いきなり同級生がしゃしゃってきた。

同級生は不良っぽい子で、
いつもその不良っぽい子たちのたまり場にAが来てた事と、
そこに来てから、たまり場の子の18歳の兄の友達と
バイクに乗ってどっかに行くことを教えてくれた。

「〇〇んち(私の家)は、俺らの仲間とちゃうから、
Aちゃんとは関係ない。なんやったらたまり場の子の話聞けば?宗教ババア」

と言って自分の家に戻っていった。

うちもAちゃんちも大混乱。
こうやって大騒ぎしてるうちに、
Aちゃんから電話があって、

「彼氏が挨拶に来てるから、うちに戻るように言って。ごめんね、大騒ぎに巻き込んで」

と。
結局Aちゃんは卒業後、この彼氏のおうちに移り住みました。
今は、幸せそうな3児のお母さんをやってます。
彼氏のおうちの人に優しくしてもらって、甘やかしてもらって、
Aちゃんはかなり幸せになれたようです。

A両親と弟は結局、宗教がらみで近所の人と揉めて、
引っ越して行ったそうで、
Aちゃんにも行き先がわからなくなってしまったそうです。

スポンサーリンク