ちょっと前、実家の近所のおばちゃんの紹介で、
経験だと思って…といわれて
お見合いっぽいものに行って来た。

いや、こちらはガチのお見合いだと思っていたから
髪も軽くセットして、
TPOに合わせてワンピースとか着ていった。

しかし来た相手はボサ頭に無精髭、
くたびれたパーカーに汚れたシャツ+スラックスだった。
宿のラウンジで会ったんだけど、
正直、出入り業者が一息ついてるのかと思ったよ…。

スポンサーリンク

自営業と聞いていたけど
実際は某コンビニのフランチャイズ経営者。
専門学校を出て、人の下で働きたくないから、
親の自営業を廃業してそのお金を元に
コンビニのフランチャイズをはじめたんだって。

コンビニはそこそこ儲かっているらしいけど、
人件費を切り詰めているから本人も働いている。
このお見合いの日も夜勤明けだった。
だから眠そうなのか。

しかも母親も来ると言っていたのに、
バイトの高校生がバックレたから
母親が急遽シフトに入ったと…。

私は教育関係の仕事をしているので、
世の中のたいていの高校生は
そのときが試験期間ということも知っていた。

ブラックバイトという言葉が頭をよぎった。 

とにかく男は自分では
「バリバリ働く経営者な俺様」って感じで
バックレた高校生の携帯に電話したが
出なかったから留守電で怒鳴ってやった、とか
数百メートル先の
別のフランチャイズがやってるコンビニより
こっちの方がサービスがいいと
お客様に言われているとか言ってた。

とにかく俺スゲー!うちのコンビニ最高!
他のフランチャイズはクソ!の自慢話一辺倒。

こういっちゃなんだが、
フランチャイズオーナー程度で
よくぞここまで偉そうに言えるなぁ…と思った。
オーナーにもいろいろあるけど
店長を別の人に任せて複数店もって左団扇、
というならまだわかるが…。

それで、結婚の話になった。
私は今の仕事はなるべくなら続けたいという話をしたら
それはもちろん賛成だと言う。

今の仕事は土日が休みというと、
だったら土日はコンビニで働いて欲しいと。
今は母親がほぼ休み無しで働いているから、
母に休みをあげたい。
自分は夜勤メインだから
あなたは土日の昼間に働いて欲しい。ですって。

私の休みは一体どこに…?と聞くと
「夜は毎日休みですよね!」って。
相手が夜勤やってたら
夫婦で顔を合わせるって時間ないんじゃ?
結婚の意味は?と思ったけど、
角を立てるのも面倒になってふんふん聞いて、
別の店への移動を提案されたが
明日の朝早いのでーと断った。

スポンサーリンク

近場の宿の宿泊券
(今お茶を飲んでいるところではない)
を持ってるとか言ってたけど、
お見合いしたその日にそれは無いだろ。
を婉曲に伝えたらショック受けた顔してた。
今までの自慢話で
落ちない女はいないとでも思ってたのか。

別れ際、男に
「自分はけっこうお買い得な人材だと思う、
あなたも30近いなら
そろそろ手を打ってもいい頃じゃないか、
この年で(私と同い年)オーナーやっているなんて
人間はそうはいませんよ!(ドヤァ」
みたいなことを言われて本気でサツイ芽生えた。
お前なんか金くれてもイラネ。

そいつのコンビニは
実家から頑張れば行けなくはない距離にあったけど
絶対利用するかボケェ!と心の中で叫んで帰宅。
母親に全部ぶちまけたうえで
ビール飲んでシャワー浴びて眠った。

相手はそんな私でも
結婚するには理想的な相手(=奴隷)と思ったらしく
前向きな返事がきた。
母親は紹介してくれたおばちゃんに断りを入れつつ
「うちの子もワガママすぎるから
結婚相談所に入れようと思ってるんです~」
と大嘘を伝えた。

その後、また実家に帰ったら、おばちゃんが
「変な人を紹介して悪かったわね」と言って
カステラくれたw 

おばちゃんが母の言葉をどう伝えたのかわからないが
ボンクラもまた結婚相談所に行き、
私の時と同じように伝えて、
「そんな女性は農家に嫁ぐ人を探すより難しい。
というかいない、条件がまずありえない」
とバッサリ切られて、
何があったのかそのまま出入り禁止になったそうだ。

それでおばちゃんに
また女性を紹介して欲しいと言ってきて、
おばちゃんもよく考えたらこの条件は無理なんじゃ…?
と気づいたらしい。遅いよ!

おばちゃんが帰ったあとで
コーヒー入れて父と母でカステラ食べた。
弟も近くまで来たというので
カステラ食べさせて経緯を話したら大爆笑してた。

「『農家よりひどい』とかむしろ経験して欲しかった、
離婚して帰ってきてそれを2ちゃんに投稿とかしてくれたら
もっと最高だったのに」などと言うので、
ヤツの着ていたパーカーのフードの中に
気づかれない程度に丸めたティッシュを何個か入れておいた。

後日、洗濯したら大変なことになったらしい。弟ざまぁ。 

終わり

スポンサーリンク