嫁を一人で孤独に行かせてしまった

事は、後から考えると前夜から。
寝室で布団に入ってから嫁が自ら死ぬ事を話し始めた。
そういう事は以前から何回かあって
俺は何処か聴き慣れてしまっていたのか
いつも通りな感じで、嫁の気持ちを和らげ様と
話を聞いて、宥める。を繰り返してた。
そのうち嫁が寝た様なので俺も就寝することにした。

次の朝、嫁がまだ寝てるのを見て起こさずに
俺は仕事に出かけたんだが
職場に着いたものの、嫁が気になって
上司に体調悪いと伝えて早退することにした。

帰るとリビングのソファで嫁が横になっていた。
体調はどうかと聞くものの、あまり良さそうではないのは感じた。
いっしょにソファに座ってテレビ見たり話したりしてたら
前夜に朝方まで、話してた影響か俺は寝てしまったんだ。

ふと目を覚ますと、横にいたはずの嫁が居ない。
隣の和室で何やら外出の支度をしてた。

スポンサーリンク

スペック忘れてた
俺 31歳 会社員
嫁 27歳 パート
子供なし、持ち家
結婚5年目 付き合い出してから数えると11年

嫁の躁鬱は、結婚前に発症
結婚前から気持ちが落ちることがあって
自氏を訴える事はあった。
でも俺も沢山支えて貰ってたし、大切な存在だったので
苦労するかも知れないけど
一生かけて支えようと思ってた。

俺が嫁を負の感情から助けようと思ってた。
でも出来なかったです。ごめんなさい

辛い話を吐き出したいけど、両親や家族に心配かけるので
ここに書いておこうかと思って立てました。
賛否あると思うので、レスの内容によっては書くの止めますね。

嫁が出かける支度してたので
何処に行くのかと聞いたら
「買い物に行く」と一言だけ言って出て行ってしまった。

暫くして電話かけるが出ない。

言葉に表せないけど、なんか変な感じが湧いて来て
何回も電話かけるけど出なくて
俺自身、若干パニックになってきた。

以前に似た様な事があって
嫁は実家に居たことがあったので、実家へ電話するが
誰も出ない。
嫁の兄弟達にも連絡つかなくて
どうしようかと思ってたら嫁が帰宅した。

手に離婚届を持ってた。

俺の前にポンと置いて
「これ以上、俺君を巻き込みたくないので離婚してください」
と言われた。

これも以前から何回かあった。

俺は
何も話し合ってないし、お互いの両親にも
何も話さないまま書く事は出来ない。
それなら、そうと話をしに行こう。
と言ったけど、離婚する気なんて全くなかった。
ただ両親にも少し助けてもらおうと思ったんだ。

嫁は、それは出来ない。今書いてくれ。の一点張り。
小一時間そんな事を言い合ってた。

嫁は言葉を発しながら、ずっと下を向いてて
こっちを見ようとしなくて
言い合いの末「じゃあ、このままでいい」
と、また家を出ようとした。

落ち方が半端ないので
腕を掴んで引き戻して全体重かけて静止しようと
必死に止めてたんだけど、振り切られて
車に乗って出て行ってしまった。

おれも慌てて自分の車で出たんだが
嫁が何処へ向かったのか分からない。
ただ、言い合いの時に何処行ってたのか聞いたら
「◯◯山(近所の雑木林)を見に行ってた」
と言ってたのを思い出して
そこに急いで向かおうと思った。

車で嫁が言ってた場所へ向かう途中に
オカンから電話がかかってきた。
車止めて電話で「◯◯山に行かなきゃ」みたいな事
言った気がするが取り乱してしまってよく覚えてない。

その時に「そんな状態で運転危ないから、実家来て運転代われ」
みたいな事言われて実家に向かった。
(実家は直ぐ近く)
直ぐに運転任せて、◯◯山に行ったが嫁の姿はない。

親父も別動で探してくれて
2~3時間その付近の思い当たる場所を探すが
嫁の姿も、乗って行った車も無い。

嫁の実家も近いので、行ってみたが車がない。
電話も案の定出ないし、LINEも既読つかない。

探し回ってる間に、嫁兄から電話があった。
一部始終話て、現在探し回ってる事を報告。

スポンサーリンク

嫁が実家へ行くかも知れないので、家にいて貰うように伝えて
俺たちは、車の止められそうなところを
1箇所づつ探して回った。

結局見つからないまま
探し始めてから、4時間くらい経って
嫁兄から電話で、自宅に戻るように言われた。
戻って来てるかも知れないからと。

これもまた以前に似たようなことがあり
頭冷やして、夜中に帰って来たことがあったから。

この時点で、時間は21時くらいだったと思う。

一旦、俺の実家でオカン降ろして
俺だけで自宅に帰ることにした。

これまで何回も電話とLINEしてるが
嫁からの反応は一切ない。LINEの既読もなし。

家に戻り電話かけ続けるが出ない。

ソワソワしながら、また探しに行くべきか
居るべきか迷いながら嫁兄と連絡取り続ける。
嫁兄から落ち着いて待ってろと言われて
何とか気持ちを落ち着かせようとするがダメ。

そんな事を続けてると、インターホンが鳴った。

嫁帰って来たか。
と思ってインターホンのカメラ見る。
今考えると、嫁は帰って来たなら
インターホンなんて鳴らさないんだけどな。

カメラ見ると、警察官の制服が見えた。

あ、保護された!と思った。

家から出て警察官のところへ行くと
「俺さんですか?」
と聞かれて「はい」と答えて警察官の横みたが
嫁は居ない。

警察官「少し家の中で良いですか?」と言われ家に通す。
玄関で「嫁さんの御主人ですかね?」と聞かれて
「はい」と答えると、警察官の口から
「気をしっかり持って下さい」と聞こえた。

その瞬間に、全身の力が抜けて座り込んでしまった。
手足が震えて止まらなかった。情けない。

警察官が俺の前に座って
「大丈夫ですか。お話出来ますか?」
みたいな事言われて、何とか聞こうと
集中しようと意識でというか気力で「はい」て答えた

「辛いと思いますが、申し訳ないけど 気をしっかり持って聞いて下さい。
奥さんが、◯◯市(隣町)で亡くなられています」

警察官は現場から来たわけじゃなくて
無線で連絡受けて、嫁の免許証の住所に来たとの事。

その時の細かい会話の内容覚えてないけど
嫁は、とある公園のアズマ屋で
ロープに首をかけた状態で見つかったらしい。
非番の警察官がジョギング中に発見して110番したが
その時には既に亡くなってた様だった。

俺が探し回った場所とは
自宅を挟んで、全くの反対側だった。

一通り警察官との会話が終わって
「ご家族の方に連絡して下さい」
と言って、警察官は一旦外に出た。

まず嫁兄に電話した。
事の説明をすると、嫁兄からの応答が無くなってしまった。
「すいません。ごめんなさい。」
しか言えず、何回も繰り返してたと思う。

一旦電話を切って、嫁弟と俺の両親に電話した。
情けないが取り乱してしまってたので
ハッキリと会話は覚えてないんだが
嫁弟にも「すいません。ごめんなさい。」
しか言えなかったと思う。

暫くしたら、刑事が家に来て
事件性が無いか、確認の事情聴取を受けた。
嫁の財布に、神経内科の診察券があったので
本当に確認だけ。との事だった。

とても運転できる状態じゃないので
パトカーに乗せてもらい、警察署へ嫁の確認へ行くことになった。

警察署で一旦待たされて
暫くしてから、霊安室に案内された。

ステンレスか何かの冷たい金属の台の上に
毛布を掛けられた嫁が横になってた。
あの時のことは何と言えばいいのか分からない。
顔を見るのがやっとだった。

警察官に「間違い無いですか?」と尋ねられて
「はい」も言えなかった。頷いただけ。

そのまま、また待合室に案内された。
待合室には、嫁両親、嫁兄、嫁弟、俺の両親がいた。
顔を見れなかった。
ひたすら嫁家族に「すいません。ごめんなさい。」
を繰り返してた。
嫁両親が警察官から事の説明を受けて
俺の所に来て「心配かけたね、ごめんね」と言われた。

本当に申し訳なかった。
ずっと一緒に、側にいたのに、助けてやれなかった。
もっと範囲広げて探せば見つけて止められたかも知れないのに。
一人で孤独に行かせてしまった。

スポンサーリンク