普通の男の人と金持ちの娘さんが結婚した。
それ自体はよくあることなんだろうけど、
娘さんの家に合わせて豪華な結婚式をすることもなく、
娘さんの親から家や車を贈られることもなく
2人はごく普通に暮らしていた。

スポンサーリンク

ある日、お嫁さんが旦那さんに

「自社ビルってあると仕事で便利なんじゃないの?」

と聞いてきた。
旦那さんは社員を数人抱えた自営に
毛の生えた程度の会社経営をしていた。

旦那さんは

「今はせっかく元請けになれそうでも、
責任が取れないと困るからと言われて、
間に1社入れられてしまう。
ビルがあれば信用がついて元請けから
外されることもなくなるかもね」

と答えた。

お嫁さん「どこにどんなビルが欲しい?」

旦那さん「○○町あたりに○千万くらいの小さな建物が現実的かな」

数日後のドライブ中に、
お嫁さんがビルを指さし

「あれとこれ、どっちがいい?」

と聞いてきたので、旦那さんは

「どっちもいいな。いくらくらいするもんなんだろうね」

と答えた。
旦那さんにとってはどれも夫婦の雑談のつもりだった。
その後、旦那さんは、
お嫁さんからのプレゼントと称されて
ビルの名義変更の手続きをすることになる。

スポンサーリンク

実はそのビルはお嫁さんが結婚前に

「すごく安かったから」

と転売目的で買ったビルだった。
普段から質素で衝動買いなんてしたことのない
お嫁さんだけど、価値が上がる物には大枚をはたいて
衝動買いしてしまうんだそうだ。

「自社ビルくらいで信用が買えるなら安いもの」

「税金が年にいくら、維持費が年にいくら、
築○年だからもし取り壊すとしたら○年後くらい、
その費用はいくらくらいだから注意してね」

とお嫁さん談。

「金持ちと言っても、嫁の実家は豪邸でもなかったし
普段の生活はとても質素なんだ」

「金持ちの考え方は俺ら庶民とは別の次元だと思う」

と、旦那さんにはけっこう衝撃的だったお話。

お嫁さんは

「持参金も嫁入り道具もいらない。身ひとつで嫁に来てくれ」

と言ってくれて、
実家を羨むことも妬むこともしない旦那さんが好きで
結婚したんだそうです。

旦那さんは

「お金も物も無くなるもの。親からの遺産は教育と信頼と人脈」

と言って、共働きで頑張ってるお嫁さんが
大好きだそうです。

そんなおとぎ話みたいなお話でした。

スポンサーリンク