その家とは、越してきてから普通に仲良く付き合う間柄。
うちは小梨、向こうは一人っ子蟻ですが、
親同士は年齢も近く、悪くない関係です。
この修羅場で一番可哀相だったこの子も、
この春めでたく大学に合格し、
一人暮らしをすることになったそうなので、
もうぼちぼち時効かな。
その子がまだ小学生だった、夏も近いある宵のこと。

スポンサーリンク

旦那は早めに横になり、
私は風呂を上がってのんびりしてたと思う。
その家から、ドダーーン!とただならぬ音が。
何事?強盗?どしたらいいの?としばし固まっていると、
突如うちのドアを激しく連打する音と、
「助けてーーーお父さんがお母さんを
殺しちゃうーーーーー!!!」と絶叫する声が。
その家の子だった。

パジャマのまま夫婦で走りました。
居間に飛び込むと、
お父さんとお母さんが絶賛夫婦げんか中。
というか、お母さんは比較的冷静なのだが、
お父さんの方が何やらブチキレていて、
お母さんを壁にぶち当てたり、
食器(料理入り)を投げつけたり、
テーブルを投げたりしていた
(先ほどの「ただならぬ音」は、どうやらその音らしい)。
床には、ぶちまかれた食事と、
コップやなんかのガラスの破片が一面に散乱していて、
さらにその上をお父さんが暴れ回ったので、
お父さんの足は切れまくってズタズタ、
床一面が塗りたくったように食事塗れ&血塗れ。
まだ暴れようとするお父さんを旦那が羽交い締め。
私は、おびえきってギャンギャン泣きわめく子を、
ハグしてひたすら宥めまくった。

そのうちサイレンの音が近づいてきた…!
パトカーが3台到着!
お巡りさんが5、6人、なだれ込んできた。
子供が、うちに走る前にとりあえず110番したそうだ。
すごい冷静な判断!えらいじゃん!
と子供を褒め称えてなだめていたんだが、
警察と言うのは、とりあえずその場にいる者全員に
聴取をするそうで、
しかも、怪我人がいた場合、
とりあえずその人を「被害者」と見なすんだそうだ。
つまり、お母さんの方を、「怪我をさせた加害者」と想定するらしい。
なもので、やっと落ち着きはじめた子供がまたギャン泣き。
「自分が110番したせいで、お母さんが逮捕されるーーーーーー!!!」って。
それを宥めそうとパジャマ姿でw
必死でヨシヨシする私にも聴取開始。

スポンサーリンク

まあ、大したことは聴かれませんでしたが
(私と当事者との関係、なぜこの場にいるのか、などなど)、
子供はまた思い出して泣いちゃうし、
ヨシヨシと説明を同時にこなしつつ、
やがて聴取も一段落。
誰かが119番してお父さんを病院へ
連れて行き(旦那が付き添っていった)、
さて、お片づけをするか…となった時点で、
再び子供がギャン泣き。

お父さんが帰ってきたら、
もう一度お母さんを殺そうとするんじゃないか、
怖いよ今のうちに逃げようよ!…
宥めるのはお母さんにお任せして、
惨憺たる様相の居間のお掃除を、私が担当。
フローリングは踏みつけたガラスで穴開いてるし、
料理が床にも壁にもこびりついてるし、
乾いた血溜まりって、
拭いてもなかなか取れないものなんですなあ…。

まあその後は何とか、
子供も落ち着き、お父さんも20針くらい縫われて
大人しく帰宅し、
まずお父さんを寝かしつけて(子供は頑として一人で
寝ようとしなかった。可哀相に)、
お掃除の仕上げをして、帰宅したら午前3時前でしたw
自分ちに旦那と犬と並んで座って、お茶を一杯飲みつつ、
どちらからともなく「うちは、こんなんだけど、よかったねえ…」w
喧嘩もするけど可もなく不可もなく、
何もないのが一番幸せなんだとしみじみ思った
一晩でした。

先日、その子とお母さんが
「大学受かったよ」と言いに来てくれて、
その時その子が「あのときありがとう」
と言ってくれた。嬉しいのう。

数日後にお父さんとお母さんが
謝りにいらしたんですが、
原因は、
食事を切り上げる前にビールをもう1缶開けるか開けないかとか、
ひっじょーーーに些細な事だそうですw
それ以後のヒートアップの状況は、
他所のおうちの事なので、敢えて詳しく訊いてません。
基本的に理知的なご夫婦なので、
ちゃんと話し合いをし、再構築成功。
子供は、最初はお父さんを避けまくってたそうですが、
現在はもう大丈夫。めでたしめでたし。

スポンサーリンク