俺のおじさんが、タクシー運転手してた頃の話。
夜中に男2人組を乗せたらしい、
何故か1人は助手席に乗り込んできた。
行き先は住宅街、10分程沈黙していた助手席の男が突然、

「運転手さん子供いる?」

と聞いてきたらしい。
おじには2人子供がいて、
末の子供が重度の障害者で一生面倒を見なくてはならない。
そのためにもしっかり働いて蓄えをしておかないといけない、
というようなことを話した。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

やがて目的地に着いたところで助手席の男が

「ホントはなぁ運転手さん。
あんた殺して金を奪おうと思っていたんよ。
後ろに座った男に合図したら後ろから心臓一突きする手筈でな。
けど運転手さん、俺のオヤジに面影が似てたからちょっとためらったわ。
それで子供のこと聞いてな。
もしいないって言ったら実行しよう思ったけど、
あんな話聞いたらやる気も失せたわ」

といって出ていった。
おじはその日のうちに会社を辞めて、
今は警備員の仕事してます。

スポンサーリンク