幼い頃に両親を亡くした新婦の結婚式、
新婦友人は1人だけだった

新郎従妹で出席した結婚式。
新郎はいわば本家跡取りで、実家は田舎だけど
土地持ちのいわば地元の名家。いい大学出て
新郎両親の自慢の息子だったんだが、
就職した東京で係累のいない彼女連れ帰ってきて一族発狂。

大騒ぎしたあげく、駆け落ちしそうになって
新郎両親が渋々許可→新郎母が決めた式場で結婚式をあげ、
結婚後は実家に戻って同居となった。

スポンサーリンク

私含むイトコ世代は「あーあ、嫁いびりされるぞこりゃ」とうんざりしてた。
披露宴がはじまると、新婦側の出席者は新婦の勤め先の上司夫婦と
同僚代表のおばさんが 一人、あとは新婦友人の女性が一人だけ。
新婦は幼い頃に両親が事故で他界したそうで、
親戚をたらい回しされて育ったそうだ。
今どきあるんだね、太変だねと言っていたが、
実際に家に迎える新郎両親は
「どんな育ちだかわかったもんじゃない!」
とはなっから身構えてた。

あと、交通費もかかる地方での式だから
しょうがないかもしれないが、これだけ少ない招待客って
新婦に何か問題でも??という空気は少なからずあった。

ぴりぴりムードのまま式がはじまり、
新郎側招待客の長いスピーチが続いたあとで
新婦上司がスピーチ。
穏やかで心のこもった挨拶で、新婦の人となりや仕事ぶりを褒め、
信頼する部下が仕事を辞めるのは残念だが…と、
心の底から新婦の幸せを祈っているのがわかるスピーチだった。

その後、新婦友人(以後A)がスピーチの壇上にあがった。
新婦友人は小学校の4年の夏から5年の秋まで同級生だっただけの人で、
新婦が別の親戚の家に行くのに引っ越したあとは、
ときどき文通してたんだって。
で、結婚が決まってはじめて手紙に彼氏がいたことを書いて
結婚式に出てくれないかと言われ、
仕事で海外にいたのを急遽帰国してきてくれたのだそうだ。

一緒に過ごした短い間の思い出とか、
文通してたときの思い出とかを話したあとで急に黙りこんだ。
で、無言で壇上を降りて、
つかつかつかと新郎両親の前まで行っていきなり土下座。
みんなびっくりしてどよめいた。

Aは華やかな振り袖着てたんだけど、
おでこを床にくっつけるみたいにして土下座したまま、

スポンサーリンク

「お願いします!新婦子をよろしくお願いします!お願いします!お願いします!」

て叫びだした。
新郎が飛び出してきて

「Aさん、大丈夫です!僕が守りますから!」

て涙声で言うんだけど、それでも止めなかった。
新郎母たじたじ。
新婦もドレス抱えてやってきて、Aに覆い被さるみたいに抱きついて

「Aちゃん、もうやめて!」

て泣いてたよ。
A、顔あげて涙でぐしゃぐしゃになって新婦を抱きしめてた。

「だって、新婦子はすぐ我慢するんでしょーが!私知ってるんだからね!
あんたいつも手紙に良いことしか書かないけど、そんなの嘘じゃん!
あんたが中学も高校も虐められたり独りぼっちだったの、
○子(Aと新婦が一緒に過ごした時期に新婦が身を寄せてた親戚の子)が言ってたんだから!
あんたが話してくれるまではと思って黙ってたけど、
結婚なんて一生モンなのに、
あんたがまた私の知らないとこで虐められて過ごすなんて、
私もう絶対に絶対に嫌だからね!うわああああああん!!」

なんて号泣するもんだから、
新郎新婦はもちろん聞いてるこっちも号泣ですよ。

そのうち新郎両親も加わって号泣。
会場スタッフも泣いてた。

恥ずかしながら、うちの親戚の年寄りが
声高に新婦をないがしろにする発言したり、
新郎母がAさんに「あんな孤児の友達だなんてww」てpgrしてたんだよね。
それで静かに怒ってたんだろうなあ。

式のあとAさんがすぐ帰るというので、
新郎母が是非泊まっていってくれと引き留めていたんだけど、
本当に仕事が忙しくてやばくてすぐ帰らないと行けないからと
飛ぶように帰っていった。
別れ際に新婦に

「つらいことがあったら、私んとこにおいで!あんた一人くらい養えるし!!」

て言ってた。
Aさんが仕事で行っているのは
私が留学を予定しているとこだったので意気投合し
てメアド交換したんだが、その後

「レンタル振り袖なのに土下座するわ、ビールこぼすわで結局買い取りになったあげく
、飛行機に乗り遅れて仕事忙しすぎてマジで死ぬかと思った……」

と聞いた。
新婦は新郎両親にかわいがられて
楽しそうにやってるみたいだし、Aさんが一番不幸だったのかもしれん。
あと、Aさん騒動でその後の出し物で
親戚ばあちゃんが楽しみにしていたカラオケが無くなったのも。

スポンサーリンク