小学校6生の時、クラスの女子でAさんとBさんがいた。

Aさんは、服装とか既にギャルっぽくって、
流行に敏感なので、おませな女の子グループの中心にいた。
本人は頼れる姉御肌を気取ってたんだけど、
キツい性格で、グループ外の人(特に男子)からは敬遠されていた。
Bさんは、三つ編みお下げで、
子供らしい服装って言えば良いのかな?Aさんとは間逆。
休み時間に本を読んでるような大人しい子で、
授業で指されると緊張してどもっちゃう感じ。

スポンサーリンク

ある時、AがBさんをいじめ始めた。
当時いじめを題材にした漫画とか流行ってたので、
それを真似たのではと思う。
机に落書き・泥を乗せる、上履き隠し、
Bさんを指して笑う…etc.典型的なのは大体やってた。
派手好きなAだったからか、陰湿に、気付かれないようにいじめるんじゃなくて、
クラスみんなに分かるように「私があの子をいじめてます!」って態度だった。

そんな様子にクラスはドン引き。
Aのグループの子以外は、みんなBさんに味方してた。
口が達者で、すぐ怒鳴るAには、言っても無駄だと思い、
落書きは消す、泥は片付ける、隠されたらみんなで探す、
Aがクスクスしてたら、黙るまでみんなでじっとと見返す…を黙々とやった。

そのBさんいじめ自体は、1週間足らずで終わったんだけど、そ
んなことしたAを、みんな自然と避けるようになった。
Aの取り巻きもいなくなった。
あいさつしなかったり(そもそもAが挨拶しない)、
グループ分けの時、Aを入れたがらなかった。
無視ではなかった。Aが話しかければ答えたりしたけど、
性格の悪さを露呈したAと仲良くなりたがる人はいなかった。
クラス自体は、Aいじめ対策の結果、みんなとBさんが仲良くなれて、
いたく平和だったのだが、授業参観の日の帰りの会に、事件は起きた。

スポンサーリンク

保護者が後ろで見守る中、
担任が、「Aさんが、みんなに話したいことがあるようです」と言った。
すると、Aが立ち上がり、泣きじゃくりながら
「みんなで、私をいじめるのやめてください!」と。

Bさんいじめの件は、短期間で終わったし、
クラスで立ち回ったからBさんに実害ほとんどなかったから、
担任に誰も報告してなかった。(あんま信頼されてなかった)
だから、担任は経緯を知らず、クラスの態度からも、
Aの「みんなにいじめられてる」という主張を疑わなかったんだろう。

ざわつく保護者。凍りつくクラス、静かに私たちを責め始める担任。
すると、おもむろにBさんが挙手した。
「先生」
「なんですか、Bさん」
担任はものすごく驚いたような顔つきだった。
Bさんは、震えながら立ち上がり、話し始めた。

「先生は、机をぐちゃぐちゃにしたり、
体操着袋に泥を入れたりする人と、友達になれますか?私はできません。
私が、Aさんにそうされたとき、みんなは、机を掃除してくれました、
体操着袋を洗ってくれました。だから、私は、みんなと友達になりたいと思いました。
みんなは、Aさんの机に落書きしたり、上履き隠したりしません。
指さして笑ったりもしません。だから、私は、Aさんはいじめられてないと思います。
みんなが、Aさんと友達になりたくなくなったんだと思います」

すごく小さな声だったけど、ちゃんと聞こえた。
途中から、Bさんは泣いていた。クラスの何人かも泣いていた。
それでなくてもあがり症なのに、保護者のいる中で、
どれだけ勇気を振り絞っただろうか。
Aの「やべっ」って顔、何人見てたかな。ものすごく腹立った。
その後、終礼のチャイムがなり、
男子の一人が号令を怒鳴って、みんなは無言で立ち上がり、帰りの会は終わった。

それから、Aは学校に来なくなり、
中学の入学式のときにはいなかった。越したのかも。
なぜ授業参観の日にあの話題を切り出したのかは、
担任の意向なのか、Aの復讐?だったのか、未だに謎。

Bさんが子供と手をつないで歩いてるの見かけたのでカキコ。

スポンサーリンク