よしそれじゃおじさんがしゃれにもならん実話話してやろうか。
おじさんには異父兄弟と異母兄弟のがいるんだよ。

おじさんの両親はおじさんが5つの時に母親の不倫が原因で離婚
して、その不倫相手と再婚したんだよな。

親父はその後再婚したんだが、俺が小学1年生の時に継母に子供
ができたんだよな。まあその当たりから父親、継母と仲が悪くな
ってな、結局俺は父方の祖父母のところで養子として育ててられ
たんだよな。

スポンサーリンク

15の時に母親に会いにいったよ。それまで一度も会ったこと無
くて、無性に嬉しくてな電車で1時間くらいの所に住んでるとこ
に連絡もせず行ってみたのさ。住んでた家はいい家でな、そこの
庭先で10歳くらいの男の子と7,8歳くらいの女の子が、背の
高い35歳くらいの男と、少し年をとった母と楽しそうにバーベ
キューパーティーしとったよ。俺はその時まで母親のあんなに嬉
しそうな優しそうな顔を見たことがなかったなぁ。なつかしくて
庭先までふらふらと近寄ったけど、声をかけようとして母と目が
あった時に母親の表情が一転して凍り付いていたね。そして顔に

 「何故ここに来たの?私の幸せを壊さないで」

って書いてあったよ。その表情を見ておじさんは酷くショックだった何
も言わずに泣きながら駅に向かったよ。家に帰ってきてしばらくなにも
食えなくてな、心配してくれた祖父ちゃん祖母ちゃんにそのこと話した
ら、ボロボロ泣いてくれたよ。あんなに涙が出るものかと思うくらいに
ね。そして決心したんだ

「俺は父親にも、母親にも捨てられた。親ってのは好きな人の
 子供は大好きだが、嫌いな人の子供は大嫌いなんだ...
 子供を捨てた親は親じゃない。俺は絶対あいつらにやり返してやる!」

その後高校卒業して、三流国大を卒業して28の時に結婚したが
生みの母も父親も呼ばなかったな。まあ呼んでも来なかかったと
思うがw

35の時、異父妹が尋ねてきたよ。間男と母親の間にできた女の
子だ。母親そっくりだったよ。尋ねてきた理由は二年前に異父兄
弟の父親が癌で倒れて未だに入退院を繰り返していて、金銭的に
苦しいから金を貸して欲しいというのだ。母親は俺に合わす顔が
ないから来られないので、異父妹が代わりに来たと言ってたよ。

俺は異父妹にこう答えた
「子供を捨てた親は子に捨てられる。俺が15の時に貴方に会いたくて
尋ねていった時のことを思い出してください。と○○子さん(母の名)
に伝えてください。お金は貸せません。私は貴方達とは何の関係も
ない人間です。お引き取りください。」

その時の異父妹は俺に散々言ってくれたけど、結局引き取ってもらっ
たよ。まあどこで調べたのか何日かして母親から電話があったよ合わ
す顔がないと言いながら、平気で電話する母親には辟易したよ。
金がない金がない、間男を助けたいと延々と泣きながら訴えるんで、
さすがに最後には怒ってね
「五月蠅いこのイン乱女。今日の日の不幸はすべてお前が望んだこと
だろうが!お前もお前の家族も気持ち悪いんだ。二度と俺に近づく
な。お前は親として俺に何か知れくれたのか?お前みたいな奴誰が
親と呼べるかタヒんでしまえ!」

と言って電話を切ったよ。なんでこんなに鮮明に覚えているかという
とその二週間後にその間男が病タヒして、その日に母親が自サツしたんだ
よ。葬式には行かなかった。異父弟が連絡してくれた。

スポンサーリンク

そして半月ほど経って異父弟が自宅に来たよ。
異父妹と母親の非礼を詫び、父親の件で合いたくもない異父弟に会って
くれたことを感謝していると言ってくれた。異父弟は俺宛の母親からの
俺宛の遺書と、セルロイドの猫のおもちゃを黙って渡してくれた。

遺書には、あの時声をかけれなかったことをタヒぬまで後悔していた事
自分は結局、あの間男の事が好きで好きでしょうがなかった事
残された異父兄弟と仲良くして欲しかったこと。
このセルロイドの猫はずっと貴方にプレゼントするつもりで持っていたが
渡すことができなかったこと。

が書いてあったよ。俺は泣けなかった。これは母親の復讐だと思った。
結局あの間男が好きで好きでその男との家庭が大事だったんだなと思った。
一読した後、俺は異父弟に遺書を返しセルロイドの猫の人形は受け取れな
いと断って帰ってもらった。異父弟ともそれ以降会っていない。書面のや
り取りはある。間男は自分で会社をやっていたそうだが、発病してから経
営が巧くいかなくなり倒産してその借金の支払いでいまでも大変だそうだ。

父方の方だが、去年親父が癌で入院した。一度だけ見舞いに行ったが、30
年ぶりに異母弟にあった。異母弟は再会を喜んでくれた。継母の方は体を悪
くして今別の病院に入院しているともことだった。父親は俺に見舞いの礼と
親として何もできなかったことを詫びてくれたよ。でも俺は早く治るといい
ねと言ったきり、さっさと病室から出ていった。

そして今年の2月に亡くなったよ。俺は結局祖父ちゃん祖母ちゃんに散々
言われたが父親の葬儀にも出なかったし、異母弟とも去年以来会ってない。
これからも会うことはないだろう。

親に子は選べるが、子に親は選べない。選ばれた子は幸せだがそうでない
子は不幸せになる。おじさんの場合不倫した母親が原因で家庭が崩壊して
たけど。その負の連鎖が35年も続き、責任がないはずの異父兄妹、異母
弟に対しても未だに悪感情というか、気持ち悪さを感じている。

おじさんが少年期から今まで取った行動が、必ずしも正しいとは思ってい
ないけど、君には同じようになって欲しくないから、あえて自分の恥をさ
らしたわけ、不倫をするやつは極論すると異常者だ。しない奴から見たら
どうみても歪んでいる。力ずくでも矯正できるなら、親だの子だのなんて
言わずにやらないといけない。

今は幸せだと思うよ。祖父ちゃん祖母ちゃんがまだ生きているし
妻と子供もいるからね。少なくともこの人達は愛してると思
う。だけど自分の両親はタヒんでも未だに憎んでいるし、自分
の異父兄妹や異父弟に対しても気持ち悪さが未だに消えない
でいる。俺はシリの穴が小さいやつですよ(苦笑)

ラリだったかどうかは今となってはわからんけど、俺としてはずいぶん
寂しい思いをしたのは確かだよ。俺の持ってる両親と一緒に写ってる写真
は日付から見ると4つの時ので最後なんだよな。その時の写真も母親は無
理に笑っているよ。おそらくこのころから間男とつきあってたんだろうな。

そういや親父も継母が来て、異母弟が生まれてからこんな目をすることが
多くなったな...

嘘つきの目って妙に自信があって、同時におびえてる目をしてるから、わ
かるんだよなぁw

まあその時のトラウマなんだろうけど、今でもバーベキュー、串焼きの
類は駄目だな。焼鳥屋とか会社の人間と一緒に行くことあるけど、必ず
串からはずして箸で食うから、笑われることあるよ(苦笑)

スポンサーリンク