知人の紹介でお見合い。俺「どうしましょうか?」  嫁「どうしましょう。困りました」

知人の紹介でお見合いもどきだった

挨拶の後

俺「わたしの方の事情はお聞きおよびでしょうか?」
嫁「はい。・・・・わたしのこともご存知ですよね?」
俺「はい。伺っております」

嫁「・・・・・・・・・」
俺「どうしましょうか?」
嫁「どうしましょう。困りました」

俺が死別×1 娘1人有り
嫁が相手有責の離婚×1

お互い義理で出てきただけのやる気なし見合い

スポンサーリンク

前の嫁さんが逝って1年ちょっとしかたってなかったから
娘に母親は必要だと思いつつ、
俺が前嫁を忘れそうなのが怖くて
積極的になれなかったので
その日は「お友達になりましょう」で終わり
「いい感じの人だな」とは思った

嫁の方が少しだけ積極的で
メールや電話をちょこちょこくれた
俺が寂しくなると電話して食事につきあってもらったり
娘の服選びしてもらったり
嫁の前夫との話もあんまりいい話じゃなくて、
それを聞いて慰めたりしてた

2年くらいゆっくりお友達のままでつきあっていて、
娘もなじんでるみたいだったし
何より俺が一緒にいて欲しくなったので求婚した
恋愛というほどの盛り上がりはなくて
友達のまま夫婦になった感じかな

継子好き嫁で、俺があんまりかまってもらえんw

プロポーズには「子供の母親になってくれ」も考えたが
実際はもっと普通にいったよ
「母親」強調したら嫁に悪いと思ったので

実際には「妻」より「母親」になられてしまったので
なんというか安心している

スポンサーリンク

見合いのときは俺が30才、
嫁は27才(離婚して2年くらい)、
娘は4才
今現在は4つずつ年をとったし娘がもう1人増えた

上の娘は実の母親のことは正確に覚えてる
知らないはずのことまで記憶しているので
俺や義母から聞いた後付の記憶もあると思う

嫁との交際時も
「違うお母さん」という認識を持っていたようだ

嫁の前夫との離婚原因は
授かった子供が残念な事になって
関係が悪くなってしまったこと
その際にいくらかDVじみたこともあったので、
前夫の有責ということになった

男嫌いというほどではないが再婚には消極的
俺の心境は>>53で書いたとおり
お互いに紹介されたその日に
さようならは失礼だと思っていたので
距離をおいた友人(知人レベル)からはじめた

前の嫁さんは1つ年上で、
お互い遠慮なく物が言い合える関係だったので
年下で敬語で話してくる嫁とそうなるまでに
1年以上かかった

嫁と娘は俺から見て抵抗感なく遊んでいるように見えたし
娘の育児を手伝ってくれていた義母(前の嫁さんの母)が
再婚賛成だったので
俺と嫁の気持ちしだいで、
他に大きな障害があったというわけではない

嫁の結婚する条件が
「絶対に(継子と)わけへだてしないから、
子供を望んでいる」ということで、
俺も異存はなかったので結婚

これはここだけの話、嫁と娘の関係については
最初はかなり神経を使ったつもりだし
深読みしすぎや疑心暗鬼もあったが、
もうそういう心配も忘れた

自慢や惚気はあるが
愚痴は大してない家庭だと自惚れてるw

スポンサーリンク