黙ってさえいればうちはみんな笑っていられそうなんだ

6年ほど前、職場の上司がカラダを壊して
彼の仕事が全部俺の所に回ってきた。

「給料丸ごと上乗せしてくれるんならやりますよ」

という冗談がそのまま通ってしまい、
4年越しのデスマーチ。

休日出勤は60日/年を越え、
毎週のように徹夜したが、本当に年収が跳ね上がった。

その間、正直言って嫁や子供のことにまで気が回らなかった。
でも嫁がぜんぶ上手くやってくれてた。
そのうち、嫁や家族にあまり興味がなくなったんだろうな。
家ではほとんど会話らしい会話をした覚えがない。

スポンサーリンク

システムが安定して動き始めて、徹夜や残業も減った頃、
仕事の内容も自分で動かなくてすむ管理職のみになった。
で、貯まった金を遣って家を建てた。
まだローンは残ってるけど。

ついでに部署を代えてもらい、
効率よくやれば残業すらしなくてもよくなった。
給料は大きく減ったけど、
残ったローンくらいは返せるからよかった。カラダも大事だ。

嫁や子供とも接する機会が増え、
改めて以前の俺は家族に興味をなくしていたんだと気付いた。
申し訳ないと思い、小さなケンカを機会に嫁に謝罪した。
反省点と改善案を提示しながら謝罪する俺を見て、嫁は目を丸くしていた。
俺の方から先に謝ったのは初めてだったかもしれない。

同じ頃、ふとしたことで5年前の嫁の携帯から浮気につながるメールを発見。
俺がタヒにそうな仕事に巻き込まれてから1年くらいで始まってた。

俺はこっそりと今嫁が使っている携帯までの
3台の携帯の中身を抜き出して
間男1と浮気→間男2とも浮気→
間男1がダメ男すぎるのでフッて間男2のみと浮気→
間男1とはメールと電話(ただし40分も話しているが)のみの関係→
家を建てた俺を見直す→間男2とも少しずつ疎遠になりメールと電話が主体の関係に。

スポンサーリンク

これがそのときの状況。

それからさらに約1年。
嫁には黙ってメールの転送や通話記録の取り寄せなどをした。
少しずつだが確実に間男たちと縁を切ろうとしていたようだ。

今年になり、嫁はヤツらとは一度も接触がない。
やましいことがないからか、しょっちゅう自分の携帯を俺に見せ、
メールやLINE、Facebookの操作法を聞いてくる。
当然履歴が見れるが真っ白。

調べたら間男どもはみんな通話もメールも拒否していた。
他にも数人の男が拒否されていたが、
これはたぶんキープ君だったんだろう。

俺がまったく知らない間に嫁は浮気に走り、
俺自身がまったく自覚がないうちに
間男から嫁を取り返していたらしい。

浮気の事実は許し難い。

しかし、俺が仕事にかまけている間に家を守っていたのは嫁だ。
子供が立派に大学に合格したのも嫁のおかげだ。

4年も5年もフラフラと男遊びをしたのは事実だが、
今は俺にべったりになった。

「少しずつお金貯めて、子供が卒業旅行をするときに
グアムとかハワイにでも行こうよ」

と提案してきてる。

楽しそうだ。

たぶんもう嫁は間男1とも間男2とも接触することはないだろう。
俺が家庭ときちんと向き合ってる限り、
間男3を作るようなこともしないと思う。
だから嫁の浮気に気付いていたことは黙っていようと思う。
黙ってさえいればうちはみんな笑っていられそうなんだ。

間男の誕生日とかバレンタインやクリスマスなどのイベントのとき、
嫁と間男がどう過ごしていたかを想像させるメールの内容を思い出すのだけが苦痛。
間男の誕生日なんか覚えていたくないけど
なぜか忘れることができない。

スポンサーリンク