事故ったのは17の時→気付いたら8年たってた

事故ったのは17の時。
事故って言っても、当時どうしようもないクズだった俺。
夜単車で流してて信号無視してトラックに突っ込んだw
事故った後覚えてるのは目の前が暗くなっていくのだけ。

スポンサーリンク

次に意識が戻ったのは実家の風呂だった。
目の前には3歳の女の子。(娘)
しかも自分のことをパパと呼ぶw
完全に頭がフリーズしてると風呂場の戸があいて
母ちゃんが「娘ちゃんお風呂でましょうねー」と声かけてきた。
言われるがままというか女の子を持ち上げて
母ちゃんにパスして戸がしまった後色々考えたんだけど
とりあえず風呂から出ることにした。

ちなみに胴体に事故った時に傷があって
さらにぱにくったんだけどね。頭にも傷ハゲがあったw
んで風呂から出てリビングに行くと
親父と母ちゃんと妹と娘と知らない女がいた。
まぁ嫁なんだけどね。

当時の俺はもちろん誰だか知らないし、
絶賛パニック中だったので水飲んで二階に行った。
自分の部屋に行くと物置になってて絶叫?
なに勝手に部屋なくしてんだって怒鳴りながらリビングへゴー。
家族も?状態でこいつ何言ってんだって顔されたw
色々と話していくうちに事故ってから
8年ちょいすぎている事とか、結婚して子供いることとかが判明。
嫁さんなんて俺が「あんたなんか知らない」って言って号泣。
親父に殴られた。

風呂出てから夜中の3時まで話し合いをしていくと
話がまとまってきた感じになった。
どうやら事故は間違いなくあって、
その後2週間ぐらい意識が戻らなかったらしい。
記憶障害とかはなかったみたいだけど、
性格ががらっと変わったのを家族が覚えてた。
当時底辺高校の俺が、事故の後チームを抜けて
予備校に行きたいと言いはじめて最初は気持ち悪かったらしいw
悪友達とは変わらず付き合いがあったみたいだけど
(今現在もある)家にいる時は勉強ばっかしてたみたい。
んで大学合格して東京へ上京。
母ちゃんは頭打ってよかったと思ったって言ってたw
ちなみに勉強した内容や大学で学んだ内容も覚えてないw

大学2年で嫁に出会って就職&結婚。
すぐに娘ができて現在に至るって感じ。
意識取り戻したのは土曜日だったんで
月曜日に事故った当時入院した病院に連れてかれた。
事故当時にお世話になった先生がまだいて、
その人に見てもらったんだけど先生にもよくわからないらしく
精神科の先生にバトンタッチされた。
んで色々カウンセリングしていくと人格障害の一種とのこと。
なんか病名言われたけどよく覚えてない。

簡単に言うと記憶障害、記憶喪失は
過去の出来事を思い出せないってのが普通らしい。
俺の場合は事故後意識を取り戻してから昨日までの
記憶がなくなっているので、頭打った時に別人格が生まれて
主人格に変わって生活していた可能性が高いらしい。
それがなにかの切っ掛けでまた主人格に以降したんじゃないかって。
まぁお医者さんは簡単に言うけどそっからが修羅場だったw
当時もちろん就職してたんだけど、
仕事内容とかお客さんとかまったくわからなくて
会社に診断書持って行って上司と話し合い。
今の頭じゃ仕事にならないってことで休職扱いにしてもらう事に。

17歳の馬鹿な頭じゃ当然の事だったw
仕事上英語離せないと支障きたす内容だったし。
休職期間は1年。1年後仕事が無理な場合退職って事で話がついた。
仕事の件も問題だったけど、一番の問題は嫁さんと娘だった。
とりあえず俺は実家で生活。
嫁さんは仕事があるし、
東京の自宅に帰って娘と義母さんとで暮らすことに。
もちろん義両親に事の顛末を話たんだけど、
口が空きっぱなしで信じられないって感じだったw

嫁さんは気丈に振舞ってたんだけど、
俺もどう接していいかわからなくて
嫁さんに対してそっけない態度mのしてた。
普通に考えたら嫁さん離婚考えるよなw
外見は同じでも性格や記憶がない夫なんて他人と一緒だろう。
実際、義両親も何度も離婚してはと嫁さんに言ったらしい。
嫁さんが狂うのも時間の問題だったろうし。
ただ娘が引き止め役になってた。

スポンサーリンク

当時3歳児が父親の状況なんてわからないし、
いきなり別居になってすごく不安定になった。
週末にはかならず嫁さんと娘で俺の実家に来てたんだけど、
娘は俺にべったりだった。
俺もパパ、パパとくっついてくる娘が
すごい可愛く思えて娘には親子として接しられた。

嫁さんはのちに
「娘にもそっけない態度だったらひっぱたいて別れてた」と言っているw
別居期間は1ヶ月もなかったんだけど、
嫁さんは毎週アルバム持って来て写真見ながら
色々この時はどーだっただの話してくれた。
俺は最初はまったく覚えてないし興味もないので
上記の通り、そっけない態度とってたんだけど、
3週間目あたりからか、涙目になりながら
説明してくる嫁に簡単に言えば惚れてしまったw
この時は自覚してなかったけど。
かわいいしすごく優しい性格なんだなってわかったんだけど、
どうせ前の俺に戻ってほしいんだろなーって
思ってたし、今の俺じゃ釣り合わないだろとか色々考えてた。
そうしてるうちに嫁さんから自宅に戻って一緒に生活しようって言われた。

母ちゃんは大反対w
クズのまま返すわけにわいかないってw
もうちっと言い方考えろよと思ったw
俺は下心満載でOKしたwクズすぎるw
惚れてたしね。娘も可愛かった。
自宅は普通のマンションだった。見覚えもなし。
ちなみに寝室は事件発生前は
同じベットだったけど、この時は別室になったww
嫁さん「抵抗あってさすがにいきなりは同じベットは無理w」との事。
俺テンション急降下w
グダグダと1ヶ月ぐらいたって、完全にヒモ生活。
俺もこのままじゃイカンと思ってたんだけど、
嫁さんが頑張ってくれてて完全に甘えた状態。
娘の相手しかしてなかったわ。
今思うとまじで嫁さんよく俺捨てなかったと思うw

でもさすがに嫁さんにも限界がある。ある日職場で倒れたんだ。
医者は精神的に疲れがたまっていると。
俺はこの時ほど自分がクソだと思ったことはなかった。
んで、自宅で大家族会議が開催される事になった。
俺、嫁、両親、義両親ってメンバー。
内容はもちろん離婚話。
もう全会一致で離婚しかないという話の流れだった。
当たり前だけどw
嫁さんも衰弱しちゃってなにも言えない状況だった。

俺は嫁さんと過ごした記憶はないけど
戻ってから今までの生活で完全に惚れた事を言った。
記憶は戻らないかもしれないし、
嫁さんは前の俺に惚れていた事もわかっている。
でもチャンスをくれと土下座しながら言った。
色々話し合った結果、会社の休職期間の猶予をもらった。
まぁそれにもみんな反対だったんだけど、
嫁さんがわかったと言ってくれたんだ。

次の日から俺の猛勉強が始まったw
とにかく頭の方をなんとかしないとどうしようもないw
嫁さんは結局退職する事になった。
生活は俺家と嫁家で生活費を負担してくれることになった。
会社側は業務可能であれば復職していいという回答だったので
嫁さんが家庭教師で受験生ばりの猛勉強w
人格障害って診断書だったんだけど、
普通なら退職勧告される可能性も高かった。
でも上司がまじでいい人で、
前のお前はほうとうによくやってくれた。
今のお前はどんなやつか正直わからんが応援はしてる。
って言ってくれたんだ。

実際に同僚Aを派遣してくれて、
業務内容や必要なスキルなんかも教えてくれた。
今も上司とAにはまじで頭があがらないw
休職中は勉強と同時にあっちこっちに旅行に行った。
主に思い出の場所だけど。
嫁さんは「思い出して欲しいという気持ちはもちろんある。
でも、新しい思い出に上書きしたかったってほうが強かった」らしい。
あっと言う間に休職期間は過ぎて、復職の時が来た。
嫁さん、娘との関係はこの頃には築けていた。
嫁さんから「二度惚れた」ってい言われた時涙が出たw
問題の業務はさすがに英語習得までは無理だった。
でも国内担当で復職させてもらえる事になった。

コミュ力は前よりいいと判断されたw
すべては上司の根回しのおかげでもある。
俺は恵まれてたと思う。俺の人格障害はごく一部の人しか知らない。
あれから3年経つけど、今でも上司とAとは別部署でも飲みに行く。
なんで今更書こうと思ったのかというと、
嫁さんが今日第二子を出産してくれたwwww
以上です!

スポンサーリンク