「こちらの面接を Bさんという方が受けると思うんですが……」「ええ、いらっしゃいますね。お友達ですか?」修羅場へ

ウチの会社は
毎年決まった時期に短期バイトを募集しており
自分は採用担当だった。

その日は5名ほど面接を予定しており順調にこなしていた。

3人目の面接にきたAさん(女性)は
30手前のいかにもコミュ障っぽい人で
採用は無いなと思いつつも杓子定規な質問をしていき
最後に何か質問はありますか?と尋ねた。

するとAさんはボソっと
「こちらの面接を
Bさんという方が受けると思うんですが……」
と消え入りそうな声で聞いてきた。

スポンサーリンク

面接予定者のリストを見ると
確かにBさんの名前があったので友人かなにかかと思い
「ええ、いらっしゃいますね。お友達ですか?」と返した。

するとAさんは今までの
コミュ障っぽいボソボソとした喋りはどこに行ったのやら、
饒舌にBさんの素晴らしさを語りだした。
5分ほど過ぎたところで、
この後も面接がありますのでとお引き取りいただいた。

そしてその日の最後の面接者がBさんだった。
Aさんの豹変振りを思い出し、ある程度身構えていた。
しかし面接に来たBさんは
30前半の物腰の落ち着いた仕事ができる感じの
キレイな女性だった。

面接も順調に進み高評価の印をリストに付け
雑談に移っていった。

「そういえばAさんも面接にみえられましたよ。
お友達なんですか?」と何気なく言ったんだが
これがやばかった。

その瞬間にBさんの顔が
一瞬にして表情が凍り付き青白くなった。
血の気を無くすってこういう事をいうんだって
本気で感心してしまったよ。

Bさんは震えた感じで
「Aさんが来たんですか?」と聞いてきたので
「ええ、みえられましたよ」と困惑しながら答えると
Bさんは突然
「何でよー!!!!!!!!!」
と叫びながら暴れだした。

「ちょっと!落ち着いてください!」と止めにかかるも
錯乱したBさんはバッグを振り回し暴れる。
叫び声を聞き応接室に同僚達が駆けつけ、
暴れるBさんを女性社員が抑えた。
俺はバッグではたかれ、その部分を押さえつつ
履歴書に書いてある緊急連絡先に電話した。

その後、一転して泣き崩れるBさんと
破壊されたガラスのショーケースを片付ける同僚たちと
上司に事情を説明する俺。
そしてセクハラしたんじゃないかという
疑惑の目で俺を見る女性陣。

スポンサーリンク

しばらくして身なりの良いBさん母親が見えられ
「後で主人が来ますので被害届はどうか」と言い
Bさんを引き取っていった。

それから1時間ほど上司達から査問に会い、
社長がBさんの父親が来たら自分も立ち会うと言ってくれて
俺の処分は保留となった。

夜7時くらいに老紳士と
30半ばの誠実そうな男が二人で来た。

応接室に通すと開口一番すいませんでしたと謝られ、
自分達が父と元夫だと説明してくれた。
俺が面接であった事を伝えると
二人とも再び謝罪して
過去にAさんとBさんの間にあった事を話してくれた。

Bさんが以前勤めていた会社に
アルバイトで来たのがAさんであり、
Bさんが指導係だったらしい。
そしてBさんに好意を抱いたAさんが
ストーカーになってしまったという事だった。

AさんがBさんにべったりで
仕事に支障をきたすレベルになり、
Bさんが部署を移動しても休み時間、帰りに待ち伏せ、
用事を作って会いに来るなどを行い続けた結果
Aさんはクビになった。

それでもAさんのストーカー行為は収まらず、
家族にケガを負わせるにまで至ってしまったそうだ。
旦那さんは階段から突き落とされ大怪我したらしい。

警察にも届け出たがなかなか動いてくれず
裁判沙汰になりAさんは接触禁止、
裁判中は旦那の身を案じて離婚し仕事を辞め
精神科に通院し続けるという日々を
Bさんは送っていたらしい。

そんな中リハビリも順調にいき
社会復帰しようと面接を受けたのがウチの会社だった。

そして説明が終わるとショーケース+迷惑料として
たぶん100萬ぐらいだと思う封筒を差し出した。

最後にAさんは
精神病で障がい者認定を受けているらしく
どうしようもないので仕事を辞めて
Bさんとみんなで遠くに引っ越そうと思うと言っていた。

そんなBさん家族に出張先で再会したので記念カキコ

Bさんは俺の事を覚えてなかった。
旦那さんが覚えてくれてて
一家で移住してきた事やその後の事を教えてくれた。

Bさんは遠縁を頼って離れた地域で入院して後にリハビリ。
支え続けてくれた旦那さんと再婚して
旦那さんの友人を頼り今の場所に
Bさん両親と共に引っ越してきたらしい。

小さい家庭菜園で過ごす一日を
Bさんは何よりも大切にしているそうだ。

たまたま移住先(出張先)が俺の故郷なんで
1年に1回出張で行くたびに一緒に飲んでます。

スポンサーリンク