2才娘と二人暮らしで私が風邪で寝ている間に逃走した

箇条書き

・旦那単身赴任で2才娘と二人暮らし
・私風邪を引く
・私が寝てる間に娘が鍵をあけて庭に出て更に逃走

・警察に保護されるが身元わからず
・どう判明したのかわからないけど4時間後自宅判明、
しかし誰も電話出ない
・旦那に連絡行く、旦那パニック
・警察が自宅に踏み込む
・布団で寝ていた私、体温40度超えて意識戻らず病院搬送
・目が覚めたら病院で親族勢揃いで4日経ってた

娘に何かあったらと思うとぞっとするし、
鍵を勝手に開けられるようになってたのはびっくりした。
でもあのとき娘が勝手に出ていかなかったら
たぶん私がタヒんでた。

スポンサーリンク

寝たときは37度台後半だったんだよ。
腰痛くて辛いなーって寝たらそのまま一度も目覚めずに
気付いたら病院だった。
結局腎盂炎だったんだけど。

スポンサーリンク

助けに行ってくれたなら素敵な話なんだけどね、
近所の道端でひとりで草むしって遊んでたらしいよ娘ww
人見知りで警察でも名前すら口を割らなかったらしい。
児相の職員さんがお菓子で釣ってやっとだったとか。
ほんと申し訳ないわ。

場所関係が自宅が関東、旦那が東北、
実家が中部みたいな距離で、
唯一近所の義実家はウトメが前日から
台湾旅行という最悪のタイミングだったんだよね。
間が悪いにもほどがあったよ。
娘は結局、一番近かった義兄夫妻が預かってくれてた。

もう4年も前の話だよ

事件後しばらくは罪悪感というか
自己嫌悪というか、流石にうつっぽくなったよ。
警察とか児相とかお世話になったの初めてだったし。

娘にはちょっと前に話したらうっすら覚えてた。
児相の職員さんがくれたお菓子が
アンパンマンのチョコレートだったことだけ覚えてるらしい。
児相は当時思ってたよりはるかに仕事してるね。
私もその時はあとでネグレクトの疑いで
正式に事情聴取されたもんwww
まぁ事情がわかってるから世間話みたいな
事情聴取だったけど。

あのあとしばらくは毎日電話かかってきて、
出られないときは10分で折り返さないと
ウトメが飛んでくるようになったから
2才児に携帯持たせる羽目になったよ。
2才児に宅電出させるわけにいかないし、
身内だけ番号教えて私が出ないときは娘にかけて貰ってた。
「ママいまうんち!」って言われたのは参ったwwww

ここに書いたきっかけはウトメがあれ以来
4年ぶりに台湾旅行行って帰ってきたので。
旅行もうかうか行ってられなくしてしまったよ。

スポンサーリンク