高校に入学して明るく美人に告白「キモい男に告白された。身の程知らず過ぎ」そして不登校になった

高校に入学してすぐ隣のクラスのA子を好きになった。
A子は小柄で明るくて美人だった。俺はA子に告白をした。
しかしA子はとても性格がねじ曲がっていた。
単に俺を振っただけではなく取り巻き連中と一緒になって
「キモい男に告白された。身の程知らず過ぎ。生きてて恥ずかしくないの?」
とか言いふらすようになった。
俺のクラスにも取り巻きがいたせいで学校が嫌いになり、
そのうち不登校になった。

家で引きこもっていると、道を挟んで向かいに住んでいるB子がやってきた。
B子は俺の母親と仲が良く、俺の様子を見に来たらしい。
ちなみにB子とは小1のころからの付き合いで、
当時はいわゆる男女。
スカートはいてるのを見たことがなく、
大抵オーバーオールで俺たち男と一緒になって
冒険ごっこなどに夢中だった。

しかし、小5のころからスカートをはくようになって、
男子の遊びに混じることはなくなり、
その後俺は普通の公立中学校から中ランクの公立高校、
嫁は中高一貫の高ランクお嬢様女子校に進み、
近所でたまに挨拶する程度の関係になった。
俺に状況を吐かせたB子は
「いい考えがあるから明日は絶対に学校へ行くように」
と言い残して帰って行った。
親にも根回しされたようで翌日強制的に追い出された。

スポンサーリンク

仕方なく学校にいったけど何もいいことは起こらず針のむしろ、
というかさらに酷いことを言われながら1日が終わり、
ほぼ半泣きの状態で帰宅しようとしていたとき、
校門前になんか人だかりが出来ていた。

すると向こうの方から「俺くーん。遅いぞー」
と言いながら手を振るB子の姿があった。
俺の学校とB子の学校じゃそもそもランクが違うので、
俺の学校前にB子がいるだけでとても目立っていた。
そしてB子は俺と手を繋いで「一緒に帰ろう」と歩き出した。
ここで俺はA子に言いふらされた酷い話を
別の女の子と付き合っているという噂で
上書きする作戦だということを理解した。
その作戦に乗ることにした俺は、見せつけるようにして
仲良く手を繋いで帰った。
その後毎日B子が迎えに来たので一緒に帰った。
一部では疑うヤツもいて後を付けられたけど、
俺の家まで来て母親にドアを開けさせて挨拶することで、
完全に疑うヤツはいなくなった。

スポンサーリンク

そして1ヶ月ぐらいすると俺がお嬢学校の子と付き合っているという噂は
完全に定着した。
それどころか変な噂がたった。A子が俺を振ったというのは嘘で、
実は俺がA子を振ったけど振られた腹いせに
A子が嘘の噂を流したということになっていた。
というのも学校のランクも容姿もA子<B子なので、
B子と付き合っている俺がA子なんかに振られる訳がないと言うのだ。
今考えるとアホな理論だが高校生ぐらいの思考じゃそういうことになったらしい。
結局そっちの噂の方が大勢を占めて、
A子が俺を振ったという噂はほとんどデマ扱いされるようになった。
悪い噂が完全に無くなったころ、帰りにB子には
「もう噂は消えたから大丈夫。
今後はB子に振られたことにするから明日から来なくていいよ。
今までありがとう」って言った。
そうしたらB子は「もう私はいらないのかー、そっかそっかー」
と言っていたけど、突然黙って俺の方をじっと見た。

それまで俺にとってのB子は、
小学校の頃の男のような女でしかなくて手を繋いだりして
一緒に帰ることも全然恥ずかしく無かったんだけど、
その瞬間にいきなりB子が女に見えた。
それまで全然女性として意識してなかったけど、
よくみるとかわいいし胸も出ているし、いい匂いするし。
そう思うといきなり手に汗をかいてしまった。
思わず手を離そうとすると、
B子が手をぎゅっと握ってきて「ずっと好きだったんだよ」と言った。

いきなり顔が真っ赤になった俺は「俺も・・・」って言うのが精一杯だった。
二人して顔真っ赤で帰ったために、俺の母親に
「いけないことしちゃった?」って言われてしまった。
あとで聞いたことだけど、小5の時に遊んでいたB子が
初めてアレになったときにおぶって
B子の家まで連れて帰ったことがきっかけらしい。
そんなことあったのなんてすっかり忘れてた。

普通に付き合って普通に結婚したけど、
嫁の方が給料が良くてずっと頭が上がらない。
この力関係は一生変わらないような気がする。

付き合うまで嫁はお姉さんキャラだったけど、
付き合い始めたらやたら甘えんぼうになった。
隙あらば後ろから抱きついてくるので前屈みになってしまうことも多くて、
外でやられると無茶困ったよ。

スポンサーリンク