チャーハンつくったら結婚したよ

専門学校で資格試験前に、勉強会として家に集まったのね
んで、一段落して
俺「腹減ったねぇ~何か作ってくるわ」
他「ほーい」
そんで作ったのが【チャーハン(卵だけ)】

そして、試験が終わった日に、勉強会に来ていたA子に、A子宅へ
強制連行・・・

スポンサーリンク

A子「俺くん、今日ヒマ?」
俺「うん、打ち上げまでは、時間あるからね」
A子「じゃあさ、悪いんだけど今から家に来て」
俺「え?なんで?(おろおろ)」
B太(A子好き)「俺もついて行ってやるよ」
俺「(B太ナイス!!!!)」
A子「ごめん、今日は俺くんだけにして」

俺「(空気重いよ、A子話かけて来ないよ)」
A子「・・・」

A子宅到着・・・

A子・A子母・A子妹 揃い踏み

A子「俺くん、悪いんだけど此の間のチャーハンね」
   「もう一回、作ってくれないかな?」
俺「チャーハン??此の間のって卵だけのヤツ?」
A子「うん、急にごめんだけど、訳は後で話すか、おねがいっ!」
俺「いいけど、あんなので良いのかな」

で、チャーハンを作りました・・・・

スポンサーリンク

A子「ねっ、いったとおりでしょ」
A子母「・・・・」
A子妹「・・・・(泣きだした)」
A子母「俺さん・・・今日はA子が急にゴメンナサイね」
俺「いえ・・・・驚きはしましたけど」
A子妹「ぼどうざんのじゃーばんだぁ~」(意訳:お父さんのチャーハンだ)
A子「うん、お父さんのチャーハンだね(泣き)」

食べ終わって、落ち着いた頃に
A子「俺くん、ありがとうね」
A子曰く、父が亡くなったが、
A子妹が「お父さんのチャーハンが食べたい!」
と言うので母と色々作ってみたけど、違ったため妹を慰められなかった
A子妹も何時しか、お父さんのチャーハンと言わなくなった

そして、俺が作ったチャーハンを食べたときに
「これだっ!!!」って、思い出して
急遽、自宅へ召還

そいで、A子達にチャーハンの作り方教えて
俺「んじゃ、また打ち上げでノノ」とA子宅を出たんだけど
A子妹「駅までおくります・・・」
俺「えっ大丈夫ですよ道覚えてるから」
A子「(俺くん)」妹のうしろで手を合わせて、お願いのしぐさ
俺「う・・ん、お願いしてもいいかな?」
A子妹「っはい!!」
駅に向かいまでの間に公園があって、そこを歩きつつ
色々、A子父の思い出話をききつつ駅について
俺「じゃ、妹さん見送りありがとね」
A子妹「・・・はい」

その後、A子携帯からメアド聞き出したA子妹から連絡が来るようになって
頻繁に合うようになり、今は俺の嫁となったA子妹が・・・・
風呂に入ってます!

スポンサーリンク