子供の頃、近所に強烈な意地悪オバサンがいた。そのおばさんの30年後は・・・

子供の頃、近所に強烈な意地悪オバサンがいた。

当時は社宅に住んでいたんだけど、
そのオバサンは社宅の奥さんたちのボスみたいな感じで
取り巻きっぽいオバサンと徒党を組んで、
気に入らない人に嫌がらせをしていた。

夫婦仲のいい若い奥さんが虐めのターゲットにされ、
何軒もの家が社宅から逃げ出した。
私の母も相当虐められたらしく、ある日ぽつりと
「いつかあの人に、自分がやったことが返ってくるよ」
と漏らした。

スポンサーリンク

普段人の悪口を言わない母の言葉だったので、
妙に印象的で
私は「いつオバサンが仕返しされるのかな」と、
ちょっと期待して様子を見てたのだけど
オバサンは全く健康、順調、嫌がらせも絶好調。

しばらくしたらオバサン一家は
立派な一軒家を買ったとかで引っ越していき
その数年後に我が家も引っ越した

それから三十数年後
私は結婚して家を出ているのだけど、
ある時帰省したらあの意地悪オバサンが、
ヨボヨボのお婆さんになって
実家の近くを歩いていたのでびっくりした。

親に聞いたところ、
実家のそばにオバサンの長男一家が住んでいて
旦那さんと家を失った(理由不明)
意地悪オバサンが転がり込んで
無理やり同居になったらしい。

スポンサーリンク

でも、オバサンは
一応暮させてはもらっているものの、
嫁さんと孫に嫌われまくり、
近所に仲間も知り合いもおらず
非常に辛い毎日を送っているらしい。

手が不自由になってきているのに、
服や下着は自分で洗面器で洗っているそうで、
臭うような汚い服を着てヨボヨボとスーパーに行く姿は、
哀しいというよりむしろ禍々しい

ちなみにスーパーに行くのは、
食事が固くて食べられないと言ったら
嫁に罵詈雑言浴びせられ
自分で豆腐でも買って食えと言われたから、とのこと。

近所ではオバサンに同情する人もいるんだけど
超キツイお嫁さんと
少しDQNな孫に文句言われるのが怖くて
皆何も言えず遠巻きにしている。

ある時オバサンが、うちの母ににじり寄ってきて、
愚痴をぶちまけたことがあったそうだ。
その時、昔母を虐めた事を謝ってきて
「嫁は酷いけど、昔のあたしは
あの嫁みたいだったんだろうね…」と
しんみり言ったとのこと。

反省しただけまだマシなのだろうか。

先日、風邪をこじらせたオバサンが
長時間放置され死にかけたと聞いた
そんならもう同居解消、
施設に入れればいいじゃん!と思うんだが
なぜかお嫁さんがそれを拒むらしい。

業の深さとか、因果応報とか、
いろいろ考えてしまった。

スポンサーリンク