ある日旅行大好き散財トメが、
海外旅行に行きたいからお金を貸してと言ってきた。

ウトは海外出張が多くて、その間トメは好き放題。
でもウトが退職して家にいるようになって、
トメの金遣いの荒さに今更危機感をおぼえたらしい。

ウトがトメからカード類を取り上げて
小遣い制にしたため、うちに借りにきたと。
でも断った。

夫は「老後の楽しみなのに、可哀想だ」と言ってたけど、
子供の教育にこれからお金がかかるから
遊興費のために貸すお金はないよと説得した。

スポンサーリンク

その翌月、娘が欲しいものを買うために
お金をおろしに行った。
毎月のお小遣いや、
お年玉などを貯めてて63万ちょっと貯まってた。

帰ってきたときの娘の顔…。
今思い出しても心が苦しくなるよ。

「お母さん、私のお金がないよ!」
そう言って差し出した明細票には、
残金2万円ちょっと…。
娘が1万円おろしたから、
60万もどこかに消えたことになる。

犯人は一人しかいない。
その晩夫を問い詰めたら、
トメに あ げ た と白状した。

ふざけるな!なんで娘の金を勝手にあげるんだ!
と言ったら、夫逆ギレ。

「お前がお袋に金をあげないから悪い。
娘の金はもともと俺の給料から出たもので
処分するのは俺の自由だ。

お前や娘の着てる服も食ってるものも
全部俺の給料で買ったものだ、
文句があるなら何もかも全部置いて出て行け!
娘も置いていけよ、俺の金で育った俺の子だからな!」

それだけ言ったら夫は我に返ったのか、
言い過ぎた悪かったと謝ったけどもう手遅れ。
絶対許せるわけがない。

なにが俺の給料だよ、私だって子育てと家事を
一人で全部して、合間に内職して
子供が幼稚園に行くようになってからは
パートもして、家計を支えてきたのに。

翌日実家に電話して、事情を説明。
しばらく身を寄せさせてもらうことにした。

娘は私にお金のことを報告した時点で
誰が何のためにお金を取ったか予想しており
(おばあちゃんを旅行に行かせてあげたいよな?
とかしつこく聞かれたことがあったらしい)、

お父さんはおばあちゃんだけが大事なんだ、
もう顔も見たくないと言って、私の実家に
早く行きたがったので話が早かった。

夫は実は前科があって、
以前もトメが高価なコートを欲しがったときに勝手に
貯金に手をつけ、120万円も使ってしまったことがあった。

スポンサーリンク

私の誕生日にと食器洗い機を買ってくれたはずだったのに、
電器屋から直行でトメのところに行って
そのままトメにあげてきたこともあった。

トメがなにか欲しがれば、
私達からもぎ取って持っていってしまう。

でもまさか、たった一人の娘のお金にまで手をつけるとは。
ここまで我慢した私もバカだった。

120万使われたときウトに
「これからはワシが見張るし、息子にも妻にも
しっかり言い聞かせるからチャンスをやってほしい」
と頭を畳にこすり付けて謝られ、
もう一度やりなおそうと思った。

でも、間違いだった。

「財産半分はきっちりもらっていきます、
あなた一人で稼いだお金じゃないので。
養育費も成人になるまでの分、一括でいただきます。
つまり預金全額です。

娘は私が生んで育てた私の子ですし、
本人が私と一緒に行きたいと
言っているから連れて行きます。

私達の食い扶持が減った分、
お好きなだけオカアサマに貢いでください。
ウトさんも今回ばかりは呆れて、
あなたやオカアサマとは縁を切るそうだから
母子二人きりで散財してください」

という意味のことを置手紙して家を出た。
驚いたことに夫はまったく反対も何もせず、
養育費や財産分与に何の文句も言わず
離婚届にハンコを押して送ってきた。

あとで知ったけど、ウトが夫と交渉してくれたらしい。
ウト自身が離婚せず最後までトメと添い遂げるかわりに、
夫は私達と争わないと。

ウトは大ウトの遺産でかなりの財産があり、
離婚したらトメは大損。

だからトメは、別れたくないとかなりゴネたらしい。
夫はトメをかばってかばって、ウトに
「お袋を泣かせるなら、あんたの可愛い
孫に迷惑をかけてやる!」と言ったらしい…。

これ全部その場にいたコトメ
(良コトメじゃないが悪コトメでもない)
に聞いたんだけど、 コトメも呆れ返ってたよ。

弟のことながら、あれはおかしいって。
前はそこまでマザコンじゃなかったらしい。
いつ発症したのか、気づいたらエネだった。

あれから2年、ウトとは時々連絡をとって
娘を会わせてるけど、夫やトメには一切会わせてない、
というか娘が会いたがらない。

夫とトメは一緒に暮らし、トメはウトから送ってもらってる
生活費や夫の給料でぜいたく三昧してるらしい。

夫は「帰って来てくれ、娘に会わせてくれ、後悔してる」
だそうだ。

今までもこれからもずっと無視の方向だけどね。

スポンサーリンク