次女を母の母校に受験させ合格。しかし次女は「やっぱやめる!」→家族で責め立てた結果

三姉妹の長女なんだけど次女が家族を嫌う。
うちは曽祖母、祖母、母が同じ私立のお嬢様学校を出ている。
(曽祖母は女学校、祖母は高校・短大、母は中学・高校・大学)
だから娘も1人はその学校に行かせたかった母だが、
私には夢があり公立高校、専門へ進んだ。

次女と三女は年子で次女は別の女子高、
三女は公立の難関校に進んだ。
次女は共学の大学の宗教系の学部に進学しようとした。
母は「じゃあ三女が◯◯女子ね。」と言い三女は泣いて拒否した。

スポンサーリンク

実は母達の母校はレベルが落ちていてFランだった。
進学校の三女にはそこは勿体無いと思い、次女を説得した。
「女子校通う次女が女子大行くべき。」
「宗教なんか気持ち悪い。」
「高校から私立でお金掛かったくせに」
と三女、父、私でまくしたてた。一方、次女は母を説得した。

それを「お母さんに負担かけるな!」
と叱り次女は学校と家族に無断で
バスガイドの採用試験を受け合格した。
学校から連絡を受けた母が断りの電話を入れ、
指定校が余ってるからと次女に無理やり指定校推薦の紙を書かせた。
書くまで皆で怒鳴りつけた。
次女はふらつきながら面接試験を受けに行き合格。
お金も即振り込んだ。
それなのに友達が公募・一般で合格するのを見て
「やっぱやめる!」とごねた。
母は大泣き。
やがて「もういいから好きなところ受け直して…。」と言い出すまでになった。
そこで「お母さん泣いてるよ。考えなきゃダメだよ。」
「指定校推薦断るなんて。」と次女を責めた。

スポンサーリンク

次女は「後輩のために通う。皆のためじゃない」と言い大学に入学。
寮か一人暮らしと言う次女に
「1番お金が掛かったから。」と責めて実家暮らしをさせた。
違う地方の国立に行った三女は一人暮らしを許した。

今、次女は3年生。
同じ部屋なのに無視する。
両親に対しても。年に数回帰る三女にも。
いつも声を出さずに首を左右上下に振るか指を出して返事する。

その癖、友達とは大声で馬鹿笑いして電話したりする。
思えば私は中高運動部でお金が掛っていた。
三女も塾通いでかなりお金が掛ったしバレエもやっていた。
でも次女はピアノをすぐにやめたきり
塾にも行かず高校は学費免除の特待生だった。

部活も中学は合唱、
高校は宗教関係で寧ろお金は1番安上がりだった。
かなり謝った。でも許してくれない。
無言でうるさそうに離れるだけ。
どうしたらいいんだろう。

家族は宗教=新興宗教だと思ってた。
妹は「じゃあみんな死んでも葬式しない。」と鼻で笑った。
別に妹の宗教は新興宗教じゃなかった。出家や洗礼も考えてなさそうだったし。

母が妹の宗教本(20冊くらいあったしもう手に入らないものもあった)
を捨てたら母が大事にしてた次女の育児日記や子供時代の写真を庭で燃やした。

それ以来、この態度。毎日泣いてる母が不憫だし、
人に頭を下げることのなかった父でさえ、
あんなに謝ってるのだから恨むのは私だけにしてほしい。

後出しになりますが妹は中学受験で母の母校を受けて落ちています。
そのため、高校か大学でまた受けてくれると思って
私は好きな道を選びました。
それに対しては申し訳ないです。
母も悪いですが体が弱い母に負担をかけたくないので
せめて普通に接してほしいです。

スポンサーリンク