底辺DQNの姉が猛勉強して大学に受かったら隣の一家が怒鳴り込んできた

地元でも有名な底辺高校に進学した姉。
姉は高校二年生の時に金髪だった髪の毛を黒にした。
そして中学時代からろくに学校も行ってなかったのに
急に高校二年生になって真面目に通いだした。

毎日気が狂ったんじゃないかと思うほど猛勉強をして
大学はなんと国立に決まった。

そこまでは良かった。
両親も姉がここまで改心するとは思っていなかったし
姉も本当にうれしそうにしていたから。

スポンサーリンク

ところが隣に住んでいるAさん一家が
合格発表の一週間後ぐらいに物凄い表情でやって来た。

「おい!人間の屑で出来損ないで
この世にいない方がましの奴が○○大学に受かって
A子が落ちるはずがない!!!」

玄関のドアを開けた途端にA子母が言い放った。
この言葉は忘れられない。

その日、姉の友人達が我が家にやってきて
合格祝いをしていた時だった。
Aさんは姉と同じ大学を受けてたらしい。

私は突然のことで突っ立ていた。
A母の言葉だけが体をぐるぐる回っている感じ。

A子母は私を押しのけて家にずかずかと入り
テーブルに乗っていたケーキは鷲掴みにして投げて
お皿やマグカップに窓ガラスなど
割れるものはほとんど割ってくれた。

それが第一の修羅場。

姉は真面目になっても友人たちの見た目は完全なDQN。
その友人たちを見てA子母はさらに発狂。
友人たちはもうブチ切れちゃって
A子母を羽交い絞めにするんだけど

姉が「お願いです。帰ってください」とぽつんと言うと
友人たちが黙って発狂している
A子母を引っ張って家に戻した。

割れた窓からはA子と思われる人が
「すみません。本当にすみません」
と言っていたのが聞こえてきた。

残った人たちで散らばったものを片付けてくれて
「またちゃんとお祝いしようね」と言って帰って行った。

スポンサーリンク

ちょうど友人たち全員が帰って行ったぐらいのときに
父と母が一緒に会社から帰ってきて、
母が家の惨状を見て気を失い、
父が静かに怒って隣の家に行ってしまったのが
第二の修羅場。

姉は前から私や両親がいない時に限って
A子母にに嫌がらせ?をされていたそうです。
私達家族は全然気づきませんでした…。

「このままでは家族に迷惑がかかる」と思って
とりあえず見た目から真面目になって勉強し始めたそうです。
ちょっと気付くの遅いなぁとも思ったのですが(笑)

元々姉も学校でのイジメ受けて
変わってしまったので。
たまに高校行くと、違うクラスに
いじめられていた子がいたらしいです。

毎日のように続くA子母の嫌がらせで
家族に迷惑がかかると思い、
そして「イジメを無くしたい」と思って
勉強し始めたんだそうなので。

第二の修羅場は音声だけなのですが
「キ――――!」と叫ぶA子母に
とても低い父の声で「いい加減にしなさい!」、
A子の「すみません、すみません」
というのが聞こえてきました。

そのあと父は家に帰ってくると軽く怪我してたので
なにかしら取っ組み合いみたいに
なったんじゃないんでしょうか?

姉は泣きそうな顔で
「お姉ちゃんのせいでごめんね」
と寂しそうに言っていたのを覚えています。

結局A子母の旦那さんも
「妻に何を言った!あんなに妻がおかしくなったのは
お前の家の屑が大学に受かってしまうからだ!
弁償?そんなものしないに決まっている!」
と話にならなかったので
A母の祖父母に被害届を出したと聞いています。

姉は確かに途中まで
普通の人では通らない道を歩んだかもしれませんが、
考え直して猛勉強して受かったのになんか悲しいな…と。

スポンサーリンク