お見合いに行ったら飼い猫三匹に滅茶苦茶に踏まれて転がっている旦那の姿だった

私と旦那は小学校の同級生。
足が遅い私はリレーの組み分けでいつも余ってた
五年生で旦那と同じクラスになったら
リレーの組み分けで真っ先に私をとってくれて
「お前が全員に抜かれても俺が全員抜き返すから気にすんな」
そう言って私をスターターにして彼はアンカーで走った。
あんなかっこいい姿は見たことなかった。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

約十年後
旦那が嫁を募集していた。
母と旦那母が仲良かったので
ためしに彼の自宅でお見合いということに。

彼の家に入った途端、私の目に映ったのは
飼い猫三匹に滅茶苦茶に踏まれて転がっている旦那の姿だった
私を見ると何事もなかったかのように座を正して

「お久しぶりです」

私も母も噴き出して笑い転げて
その日の内に縁談がまとまった。
小学生の時のヒーロー姿と大人になってのギャップがツボに入った。

スポンサーリンク