回覧板をお隣に持っていったら仁王立ちしている奥さんの前に土下座している人がいた

新年度になったこの春のこと。
回覧板を次の家に持って行きました。
新しい順番になったので去年とは違う家ですが、
挨拶程度しかお付き合いはありませんでした。
まだ子供のいない若いご夫婦の家でした。

うちは周りに一般家庭が少ないので、
次の家まで少し距離があります。
サンダルをつっかけて歩いて行くと、
目的の家の前になんだか人だかりが見えました。
ご近所さんも少し遠目に見ています。
なんだろ?と思ったけど用事があるので、深く考えずに行きました。

スポンサーリンク

塀に囲まれてて見えませんでしたが辿り着くと、
玄関前には仁王立ちという感じに立つその家の奥さん(ゴミだしの時に顔見知りです)、
その前に土下座する男性と、少し離れて立つ初老の女性がいました。

奥さんの顔が固まってて怖いくらいで、土下座の人を見下ろしてました。
これはまずいときに来てしまった、とようやく気付きましたが、
奥さんが私に気付き、

「こんにちは。ちょっとお待ちくださいね」

と強ばった顔で笑って、
土下座の人の横を通り過ぎて道まで出てきてくれました。

「はい、え、と、回覧板です」

と我ながら間抜けなことを言いながらそれを渡すと、

「ありがとうございます。わざわざすみません」

と、これまたぎこちないお返事が。
この人も実はパニくっているのかな、と思い、
小声で「あの、大丈夫ですか」と聞いてみました。

「はい、大丈夫です。でもよろしければ、
そろそろ警察を呼ぼうかと思ってたのでお願いできますか?」

と言われました。びっくりです。
生まれてこの方、警察に電話したことなどないので。

「はい!わかりました!」と言ってはみたものの、回覧板を渡せば完全に手ぶら。
「すみません、携帯持ってきてなかったです」と正直に言いましたら、
奥さん、ぶはっと笑いだし、
「ごめんなさい、うちからかけますね」

スポンサーリンク

なんとなく空気がなごんだその時です。
「あの…」と地の底から響くような低い声がして、
私はびくっとしてしまいました。
土下座の人でした。いつの間にかこちらに頭を向けていてその姿勢、
驚きました。えらい低い声だったので大男かと思ったら、
後でよく見ると小柄な人でした。

「迷惑ですので、そろそろお引き取り願えませんか?」

と冷たい声の奥さんに、
初老の女性も立ったままですが頭を下げます。

「しかし…」
「あなた方に貸せるお金はありません」

ようやく事態が見えてきました。
そういえばこちらのお宅は新築です。
が、それ以上のことはわかりません。

唐突に土下座の人の身の上話?
が始まったのですが、奥さんはそれを遮り

「あなた方の事情に興味はないとも言いました。あのですね、
少し前にあなたのように土下座して主人にお金を貸してくれと
言ってきた人がいます。主人は友人だからと少し融通しました。
後で、その友人が何と言っていたと思います?」

奥さん、だんだん早口です。ハラハラしました。

「『ちょっと土下座してみせたら金を出した、安い奴だ』って、
お酒を飲んで言っていたって。それで主人は、もうお金を貸しませんでした。
そしたら、『お前の職場で土下座してやる、お前はひどいやつだって、皆にバラしてやる!』って」

「 土下座って、乞食の恐喝ですよね! 」

誰も声を出せず、動けません。
奥さん、泣いてました。

やがて土下座の人はゆっくり立ち上がり、何も言わずに立ち去りました。
疲れ切ったような苦々しい顔で、私たちを一度も見ませんでした。
最後まで初老の女性は無言で無表情、そのまま男性の後についていきました。

その後は、奥さんが泣き崩れてご近所さんが駆け寄ってきて慰めたり、
誰かが通報した警察の人がきたり、といろいろありましたが割愛。
ちなみに私は役立たずでした。穴があったら入りたい。

奥さんはしばらく家にいなかったようなのですが、
最近戻ってきたらしくゴミ出しで会います。
普通に挨拶するだけで、あの時の事情はいまだに不明ですが、
修羅場に遭遇した話でした。

スポンサーリンク