『スポーツカーの助手席に乗ってみたいなあ』ってぽつりと言ってたんだよ

見覚えのないスポーツカーが庭に入って来て、
運転席から自分の父親がおりてきた。

母は私が中学生の時に事故で亡くなった。
それからは父と兄と私の3人で暮らしてきた。
父は元来真面目な人だったが、
母が亡くなってからはよりいっそう仕事に打ち込んでいた。
父のおかげで私も兄も無事に大学を卒業して社会人になった。

スポンサーリンク

先日父が定年退職し、豪華な夕ご飯でも作ってあげようと実家に帰った。
兄と2人で父の帰りを待っていると、庭に突然スポーツカーが入ってきた。

お客さんか?と思ったら、兄が「このへんにあんな車乗ってる人いない。」と。
(かなりの田舎なので近所の家の車もわかってしまう。。)

車からは、父がおりてきた。ものすごくびっくりした。
私や兄に一切相談せずに一括で買ってきたらしい。
一言くらい言ってから買ってくれよ〜と兄が言うと、父はごめんな、と笑っていた。

スポンサーリンク

驚きはしたものの、老後の趣味にスポーツカーなんてすげーなー、
なんて夕ご飯は盛り上がった。
(ロードスターという車らしい。私はまったく詳しくないので
よくわからないが、父なりにとてもロマンを感じる車だそうだ)

次の日、助手席に乗りたいと父に言って、2人でドライブした。

海沿いの道を走っていると、父が言った。
「母さんな、欲しいものとかしたいこととかほとんど言わない人だったの。
でもな、一度だけ、

『スポーツカーの助手席に乗ってみたいなあ』

ってぽつりと言ってたんだよ。結婚する前でお金も全然ない頃な。
もうレンタカーだっていいから乗せてやればよかったなぁ、こんなに遅くなってしまった。」

そして少し泣いていた。

私が、「だーいじょうぶだよ。お母さん見てると思うよ。」と言うと、
「今の言い方母さんにすごく似てるな」と笑われた。

もうすぐお母さんの命日。

スポンサーリンク