目の前で手作りお節を捨てられました

エネ夫とは20代前半で結婚しました。
うちの実家は共働きで大みそかのお蕎麦は出前、
お節やご馳走は仕出しでした。
お雑煮くらいは作ってた。
祖父母のところも商売やってたりで年末は忙しいので、
お節は家では作らないのが普通の家だった。
でもたいていの家は自家製だということは知ってたし、
結婚したら夫の方に合わせようと思ってたので、
お節の作り方は料理教室でチョコチョコ習ってた。

スポンサーリンク

同僚も料理好きが多かったので、
時間さえ合えば数人で単発の料理教室に行ったり、週一で通ったりしてた。
初めてのお正月は義実家から嫁がお節を作って持ってこいと言われていたので、
年末一生懸命作った。

お節を義実家で披露すると

「はあ~・・・嫁子さん。出来ないならできないって正直に言ってちょうだい。
こんな店のお節でごまかすなんて」

「嘘つきは泥棒の始まりよ」

と言われてぽか~んとなった。
いえいえ、これは私の手作りです。

エネ夫さんも目の前で見てましたしと言うと、エネ夫は
「そうだっけ?」
あれだけ時間かけて作ってる横でつまみ食いしまくったくせに。

嘘つき嫁を反省させるために?
と目の前で手作りお節を捨てられました。
その後の親戚周りで、お節もろくに作れない嫁子だとか
嘘つき嫁子とか散々言いふらされて行く先々で晒し物にされました。

家に帰ってからエネ夫に文句を言うと、嫁の躾だよ躾。
楽して○○家の嫁になろうなんて思うなよ。
一種の儀式だよ。
人間叩かれて器が大きくなるんだよ。
こんなの序の口、このくらいでネをあげんなよ。

こういわれて、なんでそんな我慢して
こんな奴の嫁にならなきゃならないんだろうと思いました。

それまでは好きだから結婚したはずだったんだけど、
不思議なほど嫌悪感しか感じなかった。
しかも茫然としている私の目の前で受話器をとり、

「あ、かあさん?御苦労さま。うんうん。もうばっちりだよ。
嫁には効果てきめんだったよ。鉄は熱いうちに打てっていうしね。次も頑張ってよ」

とこちらをチラチラ見ながら義母と会話。

どういうこと?と聞く私に

「どういうこともなにも、これからお前もっと大変だぞ~。
ま、がんばってよ。どこまで頑張れるか見ものだな~。
俺はちょっとやそっとじゃ合格点あげないよ?」

「今回みたいにこれくらいで愚痴愚痴言うようじゃあ、
まだまだだな。今後のお前の成長に期待するよ」

少し言い回しは違うかったとは思いますが、こういう風に言われました。

これはもうダメだと思って離婚。
離婚というか、仕事の都合上先に新居を確保して結婚式をして
、旧姓パスポートで新婚旅行してから婚姻届という予定でした。

スポンサーリンク

新婚旅行は年明けに休みが取れたのでその時点では、
結婚式は済んでるけど婚姻届はまだという状態。
だから、離婚というより婚姻届を出すのを中止した。

最初エネ夫は強気で、うちの実家にも「嫁を躾て何が悪い?」という態度でした。
うちの母が「娘は厳しく躾けないとそちらの嫁にふさわしく無いほど不出来だそうですので、
このまま婚姻届を出すなんてとてもできません」
と言った途端、こちらが本気と分かり態度がころっと変わりました。

「いやいや、躾けなんて。よくできた娘さんで~」

とか言い出したので、父が怒って

「じゃあなんですか?必要もないのに躾けと称して苛めたのですか?
エネ夫くんは自分の妻を苛めさせてニヤニヤしてたのかね?!」

と顔を真っ赤にしてた。
ごねてたけど、どうしても婚姻届を出したいのなら
エネ夫家族がこちらの家へ来てきっちり謝罪することと言うと
あっさり諦めてきた。

別れたことに後悔は無いけど、心残りはあのお節。
何度か夢にも出てきた。
次の年、実家で仕出しをせずに私が作った。
自分でもすごく上手く出来て満足なはずだったのに、
気がついたら自分でお節を床にたたきつけてた。
今はもう大丈夫だけど、その次の年もお節を見ると
過呼吸を起こしてそれ以来我が家ではお節はでなくなったのが申し訳ない。
今年も家ではお節ではなくオードブルとお寿司を注文することになってる。

結婚式の招待客やお祝いを下さった方々のことですが、
新婦側の関係者と両方に関係している人たちにはお詫びと
お詫びを包んでお渡ししました。
新郎側の方は何もしていなかったようで、
新郎側の出席者の方からお詫びの無いことの苦情が数件来ましたが、
いずれも新郎の血族の人だったので、
エネ夫側に伝えることはしましたが、うちからは何もしなかったです。

その当時はモラハラと言う言葉を知りませんでしたが、モラハラなのかな?
今でもどちらかと言うとモラハラというよりいきなりおかしくなった人という印象です。

結局こちら側からは離婚理由についてあれこれ言うのは良く無いこということで何も言ってはいません。
ただこちら側が何も言ってないのに、向こうが散々私の悪態をついたので
「あそこまで元嫁の悪口三昧だから逃げられたのでは?」と言われ始め、
結局3人目の妻がエネ夫から逃げ出したことで、
悪いのはエネ家ということになってます。

エネ家は名家と言えるのかどうかは分かりませんが、
昔は武士で家老の分家で主家の傍系の娘を嫁にもらったこともあるというのが自慢でした。
本家に行けば家系図があるそうですが、エネ夫の実家はごく普通の官舎でした。

ロミオ化はしてないけれど、
傍系がどうとかという話は別れてから手紙に書いて寄こした内容です。
2人目の妻と別れる直前と3人目が逃げ出す前後に手紙が来るくらいで
ロミオは残念ながら無し(笑)

スポンサーリンク