日の出くらいの時間に東の海岸のとこで、ユニバァァスって叫んでましたよね?

親父の実家の近くのお店の店員さんだった嫁と結婚したった。

嫁「いらっしゃいませ~」
俺「こんにちわ~。え~と、牛乳と卵はありますか?」
嫁「はいはい、こっちの冷蔵庫の中ですね~。あんまり見ない顔ですけど、観光の方ですか?」
俺「あ、俺、連絡船の船長の孫です」
嫁「えー!あのおじいちゃんの!へー!どこから?」
俺「埼玉から仕事辞めて、連絡船の手伝いしようと引っ越して来たんです」
嫁「あ、ホントに!私もちょっと前に東京から引っ越して来て~」
しばらく世間話。
俺「あ、あのぉ、それでちょっと聞きたいんですけど」
嫁「はいはい?」
俺「今日の朝、日の出くらいの時間に東の海岸のとこで、
ユニバァァスって叫んでましたよね?」
嫁、絶句。

スポンサーリンク

そのあとゲーム、アニメ好きで意気投合し、
何だかんだで付き合って、何だかんだで結婚した。
初めて夜のほうをしようかってなり、いざって時に

嫁「レ、レェェェッツコンバイィィィン!!」

って叫ばれて

俺「…何でこんなときにそんなこと言うの…?
俺、本気で一生懸命やってんのに…(泣)」

って泣かされたのも今となっちゃ良い思い出。

レッツコンバインはコンバトラーVです。
嫁はまだかろうじて20代ですが、
スーパーロボット大戦シリーズが好きで、結婚する前からずっとやってる。
その影響で古いのから新しいのまで広く浅く知識があるようです。
隣で見てた俺も似たようなものです。

ユニバァァスは∀(ターンエー)ガンダムって
アニメのハリー・オードというキャラクターが発した台詞です。
嫁が気に入ってる台詞らしいんだけど、嫁曰く
嫁「ユニバースじゃなくてユニヴァースだから。
ユニヴァよ、ヴァ。バじゃないの。ユニヴァースなの」
だそうです。
ヴァには物凄いこだわりがあるらしい。
バとヴァじゃ全く違う、コンバトラーとボルテスくらい違うと力説されました。

何かこう書いてたらネタみたいだな。
恥ずかしくなってきた。
引っ越して数日、東の海岸のとこで日の出を見ようと、
水筒に入れたコーヒー飲みながら岩場の陰に座ってたんだ。
少しずつ明るくなってきたな~、そろそろ日の出かな~って思ってたら、
誰かが砂浜を歩く音が聞こえたわけさ。
まぁ普通の砂浜だし、誰かが来るなんて当たり前だよな~でも
ずいぶん朝早い散歩だな~とか思いながらコーヒーすすってたら、
その誰か(未来の嫁)が発声練習しはじめた。

スポンサーリンク

嫁「………」
俺(ん?誰か来た?)
嫁「スウゥ…、あえいうえおあお!かけきくけこかこ!させしすせそさそ!」
俺( ゚д゚)(発声練習?)
嫁「あっあっあっあー♪いっいっいっいー♪
うっうっうっうー♪えっえっえっえー♪」

ドレミファ~っていう音程で。

俺(何か邪魔しちゃいけない雰囲気wそっとしとこう、
聞いてて面白いし。でもこんな朝から発声練習するってどんな人なんだろ、
ちょっとのぞいてみようかな)岩場の陰からちょっと顔を出す。

嫁「すーはーすー…、ユニヴァァァス!!ユニヴァァァァス!!
ユニヴァァァァァァス!!!!」

俺Σ(;゚Д゚)(ターンエー!?)
嫁「ふぅ~、はぁ~…ん、あぁ!?」
俺「(やべ、見つかった)あ、あの、おはようござ」
嫁「きゃあぁぁぁぁぁ!!」走り去る。
俺(;゚Д゚)

で、昼間おつかい頼まれてお店行ってみたら、
あれ?朝の?で、

嫁はジャージ姿で、朝日に向かってユニヴァァァァァス!!って叫んでた。
後から聞いたら1日の始まりに気合を入れるための雄叫びだったらしい。
毎日のようにやってたらしいけど、気分によって雄叫びは変わるとか言ってた。
お願いします!誰にも言わないでください!って言われたけど、
書いてるだけだからきっとセフセフ。

レェェェッツコンバイィィィンは俺が人生初行為で
緊張しまくってたのをほぐそうとしたのと、
嫁もあまりにテンパってて他に言葉が浮かばなかったことから
出たらしい。
けど、いざ!って時にそんなこと言われたからその時は最後まで出来なかった。
まぁ日を改めたその後は無事に成功して2人の子宝にも恵まれました。
最近は走り回る娘と息子を抱き上げたり肩車したりお馬さんになったりしながら
嫁「チェェンジゲッター!ワン!!」
娘「ジェッター!ワン!!」
とかやってる。
ちなみに大抵、土台は俺なんだぜ。
重いけど幸せな重みだと思っている。

俺は喪だったし、嫁は可愛いし美人さんだけど
お家大好きの仕事以外は引きこもりだったから
異性との接点が少なかったらしく、両方初めてだった。
知識だけはしこたまあったけどね。
経験はさ、やっぱりさ、自家発電じゃ役にたたないじゃんさ。

パイルダー・オンは娘に帽子かぶせるときに言ってるのは見た。

それから、この書き込みでROMに戻ります。
ここに書いてるのが何故かバレていて、仕事から帰ってきたら、
超電磁スピンと言う名の物凄いカンチョーと激しい説教をくらったので。

スポンサーリンク