小学生の頃、あんぽんたんで夢見がちだった私は見知らぬ大学生に声をかけられてついていってしまった

小学生の頃、あんぽんたんで夢見がちだった私は
小雨の降る中、少女漫画に出てくるような出会いを求めて
自転車で近所をふらふらしていました。

頭の中では
「かっこいい年上の男の人と出会い、公園でお話する」
という、まさに当時、
少女漫画の王道ともいうべき世界が広がっていました。

すると、前方から傘も差さずに
自転車を引いている大学生風の男の人が・・・。

スポンサーリンク

私は、その人の気を引くために、
周りを行ったり来たりして
自分の存在をアピールしていました。

そのうち
「この近くに自転車を修理する店はあるかな?」
と声を掛けられたので
舞い上がった私は、漫画の世界での展開を考えながら
「は、はい。よかったら案内します・・・」
と答えました。

しばらく、自転車を引きながら
話をして歩いていたのですが
夢見がちだった割りに、冷めた所もあった私は、
会話の内容や相手の態度に
「???なんか変かも??」と思い始め
名前や住所など、
プライバシーに関する事は一切話しませんでした。

アホ小学生ながらも『女の勘』は働くようで、
そのうちに


「この近くに神社があるんだけど、一緒に行こうか?」

「あぁ・・はい・・・
(こんな山道を登ったところに神社なんて無いよ)」

スポンサーリンク


「心配しなくても、調べてあるから大丈夫だよ」

「ええ・・・
(あんた、この近くに来たのは
初めてだって、言ってたじゃん)」


「自転車は、ここに置いて手を繋いで行けば大丈夫だから」
と言い、私の手を引き寄せようとしました。

その瞬間、何かに引き戻されたように
私は現実へ舞い戻り
男をおもいっきりキックして逃げ出しました。

うずくまる男を背に、自転車をこぎ続け、
自宅に帰ったのですが
危うく、とんでもない目に遭うところでした。

その後、窓から様子を見ていたら、
どうやら私を探していたようで
自転車を引きながら近所をウロウロしていました。

あの時、ついて行かずにキックした自分を
褒めてやりたいです。

たしか3年生か4年生ぐらいの時だったと思います。
ホント、少女漫画の世界に憧れていて、
思い出すだけで大馬鹿ヤロウの自分でした。

思えば、その男の表情や語り口調などが
『こいつなら、俺でも大丈夫なんじゃないか』
なんて調子に変わってきたので、
アホな私にも察知できたのだと思います。

その頃は、リアルに理解できず
数年経ってから、心底恐怖が湧いてきました。

スポンサーリンク