婚約者が事故で足の膝から下を 切断したのが原因で婚約を解消した

私は婚約者が事故で片方の足の膝から下を
切断したのが原因で婚約を解消した。
まあ責める人も理解を示す人もいろいろだったけど、
付き合っているときからバイクを辞めてほしいとお願いしていて、
婚約する際にも私含め私の両親からも
バイクに乗り続けるなら婚約はしないという事だった。
結局本人がもうバイクは乗らないと決め
バイクを人に譲る前に遠乗りして
その時に軽自動車に当てられて
膝から下を失ってしまった。

スポンサーリンク

本人はきちんと交通ルールを守っていたし過失はなかった。
私も事故当初は仕方がないと思ったし、
支えていけると思ったけど、
何がというわけでもなくある日突然
本当に足のない彼が怖くなってしまった。
理由はわからない。
でもある意味大変な目にあった彼を
助けなきゃというハッチャケから
さめたんだと思う。
彼の家族というかお父さんは仕方がないと
言ってくれたけど、妹とお母さんからは
ものすごく責められた。

共通の友人たちからはわかるといってもらえる人
責める人それぞれいて何もかも煩わしくなって
両親が家を売って母方の実家があるところに引っ越しした。

最近になって同窓会の連絡があった。
新しい連絡先は友人に一切教えなかったけど
業者に頼んで探してもらったらしく
幹事の人から連絡があった。
私は同窓会の出席はしない旨返事をした。
そしたら次の日の夜彼の妹から電話があった。

スポンサーリンク

彼の妹は当時私を責めて
周りに私の悪口をたくさん言ってしまったが、
私がバイクはやめてほしがっていたということや
彼が約束を破って遠乗りに行ったことを
私の友人の妹から聞いたそうで、
色々申し訳なく思っているとのことだったが、
彼の妹と母親が私の悪評を流したせいで、
いろいろ大変だったことは確かだったし、
私の両親も嫌な思いをさせられたのにいまさら謝られてもはい、
そうですかという気持ちにはならないし、
あなたのお兄さんと付き合って婚約までしていたことも
きれいに忘れたいと思っているのに、
もう連絡してこないでほしい。

そういったらあの事故の後、
家族が止めるのも無視して彼はバイクをやめず、
また事故を起こし、
高機能障害を負ってしまったそうで、
当時の私の気持ちを考えると
非常に悪かったと思うようになったそうだ。

彼の両親も妹も現在彼の介護というか、
いろいろな形で彼を支えているそうだが
彼の激しい物忘れと癇癪が大変であのころ
私が言うようにバイクをやめていてくれたら
悪いことが何も起こらなかったかもしれないと思うと
私にどうしても謝りたかったといわれた。

いくら言い訳をされてもせっかく苦労して手に入れた家を売って
引越ししなければいけなかった両親のことを考えると
許す気にもなれなかったし、
私自身色々ありすぎて赦す気持ちにはなれない。

なんかつらつらと書いてしまったけど、
当事者でもない人間から責められるのって
ものすごく傷つくし、なってみないとわからないことも
たくさんあるってことを書きたかった。
くだらないことを長々と書いてすいませんでした。

スポンサーリンク