急病になった同僚を病院に連れて行ったが相手にしてもらえなかったので、病院の電話で119番した結果

まあ、わりとあきれた話。

運転中、同僚が苦しみだしてしまった。
その人は昨日、似たような症状で
病院に担ぎ込まれていて、
発作を起こしたばかりだった。
その後落ち着いて先生からは帰ってよし、
明日も働いてよしと言われていたのだが、
夕方になって突然苦しみだしてしまったのだった。
もう汗だらだらでかなりやばい感じ。

スポンサーリンク

たまたま道路沿いに専門病院があり走りこみ、
「すぐ診てください苦しんでいるんです」とつたえると、
受付でおしゃべりしていた若い受付嬢と
若い医師がめんどくさそうに
「今日は検査できないよ」的事を念入りに言ってきた。
すごく念入りだった。
めんどくさいから帰れ、と言わんばかりの態度
にあきれ果てたがこらえて
「通りがかりなので、診ていただけそうな病院を
教えていただけないでしょうか?
口もきけないほど苦しんでいるんです」
と頼んでみた。

スポンサーリンク

実際かなりやばい感じで、
近くにこの病院がなかったら
自分でつれてくることはなかったと思う。

受付嬢「さあ?ほかの病院のでんわばんごうはわかりませんねえ」
仕事の終わったらしき若い医師「電話帳で調べたら?」

この一言でキレた私は
「わかりました、公衆電話をお借りします」
と目の前の公衆電話から救急車を発注。
「この病院では診ていただけないそうなので
早く来てください」とお願いした。

サイレンを聞いて真っ青な院長先生が降りて来て、
看護婦と医者は怒鳴りつけられていたが
お構いなしに救急隊員と準備をしていたところ、

院長が
「申し訳ない、うちで見させてください」
と青くなって頭を下げてきた。
そりゃそーだ、専門医で搬送するならここしかないもん。
救急隊員にかなり怒られてたけど。

即入院で手厚く診ていただきました。

スポンサーリンク