高校生の時、自分で髪切って失敗した。ヘアメイクが上手な友人「帽子みたい」

高校生の時、自分で髪切って失敗した事があった。
次の日の放課後、Yに人気のない場所に呼び出され
ものすごく深刻な表情で、吐き捨てるように
「帽子みたい」と言われた。

Yはヘアメイクが結構上手な子だったので、
恥ずかしさで頭に血が上り

「わかってるよ!でも少し我慢してれば何とかなってくるでしょ?
一生このままってわけじゃないし、何もそんな事言わなくてもいいじゃん!」

と言うと、Yが突然泣き出した。
しまった、言い過ぎた!と思い、慌てて

「どうにもならなくなったら、あんたの手も借りたい…」

と言うとYは泣きながら

「わかった。もうあんな事言わない。ごめんね」と。

スポンサーリンク

つい先日、Yと飲みに行ったら彼女がその話をしたので、
色々思い出した。

「あの時はあの勢いに救われたよ。
まったくいい友達だ、あんたは」

と、照れたようにYは言ったが、
私は顔がひきつった。

スポンサーリンク

「帽子みたい」じゃなくて「もう死にたい」だったのか…

その後、何度も友情に乾杯してから真実を打ち明けた。
私も衝撃的だったけど、Yはもっと衝撃的だったと思う。

笑ってくれて有難う。
Yの様子に気付けなかった自分に猛省もしましたが
もうこの期におよんでは、お互い笑い話にするしかない!
って感じでしてw
 
あの瞬間に奇跡的に会話が繋がってしまった事については
私が
「悪魔が降りたのかねぇ」
と言ったら
「いや~、いい悪魔が降りたねぇ」
と言ってくれたので

これからも一緒に飲みに行けそうですw

スポンサーリンク