母と鮨屋に行ったらじじいのせいで買えなかったので1週間度に行ってみたら

3年ほど前の話。
母と一緒に犬の散歩をしていた時、
近所のお寿司屋さんを通りかかったら
「鯖寿司」という貼紙が目に留まり買う事に。

ところが母が店に入ろうとすると
後ろから70代位のおじいさんが母を抜かして
店の中に駆け込み

「急に孫が遊びに来てな。うめえモン食わせてやりてえから
6人前握って急いで持ってきてくれよ」

と注文。

スポンサーリンク

小さい店なので母はそのじいさんの後ろに並び、
私は犬を抱いて入り口に立って待っていたが
じいさんの孫自慢はなかなか終わらず、
でもニコニコしながら嬉しそうに話しているので
文句も言えず10分ほど経過。

「ごめんね長話しちゃったよ」

と謝りながらじいさんが店を出たので
漸く注文ができる!と思ったら

「すみません急いで作らないといけないんで今日は…」

と断られた。

「えーずっと待ってたのにー!」

スポンサーリンク

と文句を言う母に

「本当に申し訳有りません。できればまたの機会に」

とひたすらペコペコ。

「じゃあ来週あたりに来れたら来ますね」

と言って店を出た1週間後、
その人は殺人の実行犯で逮捕された。
自分も母も衝撃受けたけど、一番衝撃受けたのは
その爺さんだったんだろうなと思う。

うろ覚えだけど、被害者の妻が
子供の家庭教師をしていたAと言う男と不倫していて
夫の保険金目当てにAに夫をサツ害するよう示唆。
Aは自分の子分的存在だった寿司屋のBにサツ害を指示。
Bは1度襲ったものの失敗。
被害者が退院した日に再度襲ってサツ害。

寿司屋の方は自分も思ったけど、
体格いいけど穏やかそうに見えてて近所の人も

「あんな礼儀正しい人が信じられない」

って驚かれてたのに対してAの方は

「いつか絶対何かやらかすと思ってたから別に驚かない」

って言われてたのが印象的だった。

スポンサーリンク