膿家に嫁いだ母の友人「借金を全部返し終わったら離婚して家を出る!」しかし・・

私の母の友人の話。
若くして、15歳ほど年上の農家の長男と結婚した彼女(Mさん)。
もちろんウトメと同居。

昼も夜もなく働かされていて、現金は渡してもらえないので
美容院にすら行けず、髪はいつも自分でカットしていたそうだ。

母と知り合ったのは子ども同志の入院先で
同室になったからということらしいが、
母にこんなに長時間、畑仕事や家事から
開放されたのは結婚して初めてだ!
と語っていたらしい。(毎日畑仕事をしてから来る)

スポンサーリンク

Mさんは退院後も母と気が合ったらしく、仲良くしていた。

Mさんの夫は、大変な新しい物好きでイチゴがいい!と聞けば
莫大なローンを農協から組んで苗からハウスから一から揃える。
新しいトラクターが出れば…(ry)
しかも、知り合いの連帯保証人になったが、
本人に逃げられてしまい
負債総額は5000万以上あったそうだ。

ある年、寒波でイチゴがすべがてダメになり、
とうとう夫はMさんと子どもを置いて出稼ぎに、
Mさんは近くの冷凍食品工場へパートへ行くことに。
パート先は巨大な冷凍庫の中で作業するため、
女性には本当に辛い作業だったらしい。

朝早く起きて農作業、昼間はパート、
帰ってきたら山のような家事。
ウトメ達は口は出すが手は出さない。
借金ができたのも、イチゴがダメになったのも、
知り合いが逃げたのも(ry)
すべてMさんが悪いといつも言っていたらしい。

それでも、ウトメにいびられつつも
10年以上借金を返し続けていたMさん。

夫は最初のうちは送金していたらしいが、
いつのまにかそれも無くなり、
彼女一人で家族を支えつつ、
必死で借金を返していたそうだ。

それでもなんとか全額返済の目処がついてきた頃、
彼女は職場の上司(独身)と恋に落ちた。
もちろん不倫。

子どもたちはウトメ達に育てられたので
Mさんの味方は誰もしてくれず、
何の希望も楽しみも無い世界での唯一の光だったらしい。
(不倫のことは家族は知らず、普段の生活上でのこと)
その頃、引越しで私たち家族はMさんから遠く離れたところにいたので
Mさんはよく母だけに色々相談していたようだ。

スポンサーリンク

借金を全部返し終わったら離婚して家を出る!
今の彼もそれまで待ってくれるといって応援してくれている!
といってMさんは母に嬉しそうに語っていたそうだ。
それから、1年ほど経っていつもは2ヶ月に1回ほどは電話をくれていたのに
電話が来ない。

母は不審に思っていたけど、
Mさんはウトメ達に隠れて電話をしていたので
こちらから電話をかけるのは差し控えていた。
その次の年の正月、Mさんに年賀状を出したところ、
Mさんの夫から返事が来た。

「妻は仕事中に倒れて植物状態です。今は○○病院に入院しています」

こういうような内容だった。
それから5年近く経つが、いまだに彼女は眠ったまま。
子どもたちも、ウトメも実の親兄弟ですら誰もお見舞いにも来ない。
母がお見舞いに行ったら、看護婦さんから
Mさんの薄情な身内の内情を聞いて
涙が止まらなかったそうだ。

看護婦さんから、たまに夫じゃない男の人がお見舞いに来ると聞いて、
きっと不倫相手の彼なんだろうな、と言っていた。
後もう少しで幸せになれたのに…。

いつも、農家と聞くとこのかわいそうなMさんの事を思い出す。
擦り切れた服に、ノーメークで日焼けして真っ黒なMさんだったけど、
いつも眩しいほどの笑顔のかわいい人だった。

Mさんが逃げなかったのは自分の家の
借金の半分くらいはMさん名義だったからです。
再婚する(予定の)彼には迷惑かけたくないから、ということ
だったみたいです。
現実的に借金に縛られて家を出ることができないから、
心だけは不倫の彼のところ…という事だったみたい。

ちなみにMさんの息子はすごい農家脳で、出稼ぎで私達の近くに
来た事があったのですが、15年ぶりに会うなりプロポーズ。
小さい頃から好きだったから結婚してくれ!
じいちゃんとばあちゃんもお前が嫁なら反対はしない!とかなんとか。
寝言は寝てから言ってくれよ…orz
びっくりして固まってしまったです。
結局、マルチにはまって姿を消してしまいましたが…。

スポンサーリンク