もて男のクズにそっと絆創膏を差し出しだ地味女に

A 地味な陰の薄い女。 当時21歳
B 高身長でイケメン 当時21歳

A、Bは同じ大学で同じ学部。
Bは松潤タイプの彫りの深いイケメンで、滅茶苦茶モテていた。
Bは自分の容姿端麗さを鼻にかけて地味な男を小馬鹿にし、
言い寄ってくる女をことごとく食っては捨てる最低野郎だった。

ヤリ捨てされた女は
「一度でもBに手を出してもらった」
と自慢してまわる者もいた。
そんなんだからBはつけあがり、
自宅に数人の女を連れ込んでパラダイスを繰り広げる
クズ野郎に成り下がっていった。

スポンサーリンク

ある日、Bがノートの切れ端で指を切り出血した。
周りの女は「舐めてあげようか」
と群がったそうだ。
そんなときに近くで本を読んでいたAが
花柄の絆創膏をBに手渡した。
Aはただ絆創膏を渡して何も言わずに本読みを再開。

周りは

「なにあれw」
「少し切っただけで絆創膏とかw」
「良い女アピールかな?」

とクスクス笑った。
周りが地味女きめぇwと嘲笑う中、
BはAに心臓を打ち抜かれました。
Bが遊びでなく本気で恋に落ちたのは
人生2人目だそうで、もうその日から
周りの女を見向きもせずにAに猛アタック。

更にBは「Aはたかだか紙で切った切り傷の為に
絆創膏をくれた。俺が好きに違いない!」と、
今までのモテっぷりの経験からか、
盛大に勘違い。

スポンサーリンク

髪型をリーゼント、
自作のなんちゃって特攻服を着てAに大告白をした。

結果、大玉砕。

「自分の容姿を鼻にかけて男女関係をだらしくなくしている
チャラ男は大嫌い」

と見事に切り捨てられた。
Bはプライドをズタズタに傷つけられ、
1日大学を休んだそうだ。

それからのBの行動力は凄かった。A
を蝶よ花よとスーパーレディファースト扱い、
姫に仕える執事みたいだったそうだ。

AはそんなBが鬱陶しくて仕方がなく、
ビンタをくらわせた事もある。
なるべく地味に学校生活を送りたかったAは、
Bが煩わしくて煩わしくて学生課に通報。
Bは物凄く怒られた。
周りはあのBが1人の女に執着しるなんて···
とBの変貌ぶりに開いた口が塞がらない。
しかも地味女相手に。

学生課に怒られても好き好き攻撃を続け、
とうとうAが折れた。
AはBのだらしない人間関係を矯正する名目で
Bと交際を始めてしまった。

それからはAとBは純愛交際。
大学を卒業して結婚するまで身体の関係は
一切無かったそうだ。

それで生まれてきたのが私。

私が記憶している父(B)は、
子煩悩で妻(A、母)想い。
とってもクズ野郎だったとは思えない。

私はこの話を昨日聞いた。
何気なく2人の馴れ初めを聞いたら、
父がベラベラ喋りました。
母は「やだーw昔の話を今更~」と照れ照れ。

もう父の過去に衝撃を受けたよ···

スポンサーリンク