バレンタインに親友から預かったチョコレートを我慢できずに食べてしまった。愛の告白のメッセージは破り捨てた。そして今、

話は25年前、バブルの頃の話

当時の私は中学生で、A子という親友がいた
A子はA子と同じクラスのB男と両想いで
お互い意識して交際手前の微妙な関係だった

私はB男と同じ部活で、
卓球部だったので男女一緒に練習していた
ちなみにB男には私は一切興味がなかったし
親友として純粋にA子の恋を応援していた

スポンサーリンク

そして中2のバレンタイン
A子はB男に告白する予定だった
私も全力で応援することにした

バレンタイン前日、私はチャリで
ショッピングセンターに出かけた
海老で鯛を釣る為、父と兄への義理チョコを
買いに行った
ホワイトデーの見返りの為に、
この2人へのチョコは欠かせない

父と兄の義理チョコを買った後、
とあるチョコを見つけた

現代のバレンタインのチョコはカラフルで可愛くて
「自分チョコ」「友チョコ」なんてのがあるほど
自分や同性の友達に買ったりしてしまうほど
可愛いチョコがたくさんある
ただ、25年前は今ほど可愛いチョコは少なかった

ハートの形だったり、可愛いアルミでサッカーボールや
クマの形になっているチョコはあって
カラーはせめてピンクのハートくらいはあったけど
現代ほどカラフルではなかった

そんな中、ちょっと高額で、
ひときわ可愛いカラフルなチョコがあった
もう私の心は捕われて、そのカラフルな高級チョコを
自分で食べたくて食べたくて仕方がなかった

しかし父と兄へのチョコを買ってしまい
残金を確認すると数十円足りない
全身のポケットを探してもどうしても数十円足りないので
1時間ほど売り場で悩んだが、泣く泣く諦めて帰路に

チャリで自宅に向かっている最中、
脳内はその可愛いチョコ一色
自宅に着いてチャリを止めた瞬間
「兄の義理チョコは返品して、
明日適当にコンビニで買おう」という結論になり
私はチャリを飛ばしてショッピングセンターにUターンした

そして売り場に着き、レジで兄の義理チョコを返品して
現金を握りしめてそのチョコに突進すると
「こちらのお品は売り切れました」の張り紙

もう泣きながら帰った

その夜、そのカラフルな可愛いチョコは
夢にまで出てきた

そして翌日のバレンタイン、
A子は休み時間の度にクラスの違う私のところに来た
「クラスの人の目があって、渡せない」
と泣きごとを言っていた
結局昼休みにも渡せなくて、
最悪ホームルームまで渡せなかったら
B男と同じ部活である私に委託することになった
親友の頼みを私は快諾した

結局ホームルームが終わっても渡せないどころか
B男を呼び出すことすらできなかったA子は
私にB男へのチョコを持ってきた

部活中はまったりしているし、
私とB男が話すチャンスはいくらでもある
「メッセージカードが入ってるからB男に渡して」
私は「大丈夫!まかせて!」と言った

そして渡されたデパートの包みを見て、
そのチョコのブランドが気になった
私が前日に買いそびれた、
可愛いチョコのブランドだった

スポンサーリンク

もう私は自分を止められなかった
帰宅部のA子が帰ったのを確認して
女子トイレに入り
A子のチョコを少し開けてしまった

驚いた
私が買いそびれたチョコの、
グレードの高いセットだった
我慢のできなくなった私は、
ホワイトチョコにカラフルな模様が
プリントされたチョコを食べてしまった

食べてしまって、
取り返しのつかないことをしたことに気付いた

部活に行くと、
普段私には話しかけてこないB男が
私の周りをウロウロしていた
私とA子が親友であることを知って
チョコを託されているのではないかと、
「今日は寒いねー」などとやたら話しかけてくる
「そうだねー」と適当に返していたら
部活が終わった瞬間、B男は
「誰かから何か預かってない?」と聞いてきた
「誰かって誰?」と返すと「別に」と去って行った
私の心臓はバクバクで、
背中には滝のような冷や汗をかいていた
A子の愛の告白が書かれたメッセージカードは、
自宅に持ち帰ってビリビリに切って捨てた

翌日「B男に渡してくれた?」とA子に聞かれたが
「ちゃんと渡したよ!」と満面の笑みで答えた

そして一カ月後のホワイトデー
B男からA子には何もなかった
あたりまえだ、チョコはB男には届かず、
全部私の胃の中に収まったのだから

ホワイトデーの翌日、
A子は失恋したと泣いていた
私はひょうひょうと
「B男も貰うもん貰っておいて酷いよね」と言った

A子とB男の相思相愛っぷりは、
クラスのみんなが気付いてたのに
「あいつら結局何もなかったんだー」とサラッと流れ
すぐに進級のクラス替えを迎えて、
A子とB男のことはみんなの記憶から消えた

数年前に35歳くらいになった私達は
SNSで連絡がつき始め、
結構な数が集まる同窓会があった
そこにA子はいなかったけど、A子の近況は聞けた

A子は高校に入って同級生の彼氏ができて
その彼氏と大学を出るまで付き合って、
20代前半で結婚
子供も生まれて主婦になったけど、
結婚後に豹変した旦那の実家で
義理両親と同居していて
経済もガチガチに管理されて、
姑からは壮絶な嫁いびり
旦那と舅から暴力も受けていて、
完全に洗脳されて長年奴隷状態
別の友人達が救出しようと相談していた

私は連絡をとっていなかったとはいえ、元親友なので
A子救出のプロジェクトに加わった

A子が買い物に行くスーパーで張り込み
A子に内緒の携帯を渡して連絡を取れるようにして
徐々に洗脳を解き、弁護士費用も脱出費用も私が工面して
A子は無事に脱出できて、一時的にシェルターに入った

私がA子のチョコをB男にちゃんと渡していたら
二人はカップルになっていたと思う
そうしたら高校に入って知り合った彼氏と
将来的に結婚することもなく
長年洗脳されて奴隷生活を送ることも
なかったかもしれない

女子トイレでA子のチョコを食べ、
メッセージカードを廃棄したことは
誰にも言えない私の黒い過去です

最近A子は優しい男性と再婚したので記念カキコ

スポンサーリンク