ゆあちゃんの事件以来旦那が神経質になり過ぎている気がする

ゆあちゃんの事件以来旦那が神経質になり過ぎている気がする。

先に言っておくと私も旦那も子供に手をあげる事は無い。
ただ上の子が小学校に上がってから
子供の部屋を始め家中に張り紙がある事が気になるようで、
内容はゆあちゃんの事件みたいな1日の予定だったり
時計の読み方(子供作)、計算の方法(以前私が教えたのを子供がメモ)、
今月の目標(子供作だから遊園地行きたいとかお菓子は1日一個までとか)。

最初は私が子供が書いた手描きの夏休みの予定、
あさおきたらあさがお、ごはんたべておきがえ、しゅくだいする、
おやつたべるetcが可愛すぎてリビングの掲示板に貼ったのがきっかけで、
子供が嬉しかったのか色々な張り紙を作り出した。

スポンサーリンク

でもそれが虐待のように見えるから全部剥がそうと言う。
子供が自分で貼った物だからそれは無理だよ、
剥がしたいなら子供相談して日記形式にするとかはどう?
と聞くも日記も嫌みたい。

今日も帰って来てから子供がせっせと張り紙を作ってて、
新しく貼られた張り紙を帰って来た旦那が見つけ溜息をついていた。
内容は学校で勉強してこたことの復讐みたいな内容を箇条書き。

それ見るとたしかにゆあちゃんの報道で流れたアレを思い出すけど、
それとは違うんだよ。
何度言っても納得してくれない。

スポンサーリンク

そうなんだよね。
ずばり旦那に人の目が気になるの?って聞いた事があるけど
「…というか…どうしても張り紙を見るとゆあちゃんのニュースを
思い出してそんな事書かせちゃダメだって思ってしまう…」と煮えきらない返事。
はっきりした理由はないけどなんとなく嫌だって感じだけど、
やっぱり他人の目を気にしてるのかなと思ってしまう。

ナーバスになっているのもあると思います。
昨日子供達が寝て家事が落ち着いてから旦那に「何が嫌なのか」
「こっちのは嫌だと感じる?」「じゃあこっちのは?」と嫌だと
感じる部分を突き詰めて話しました。

結論を言うと「勉強」「目標」
「スケジュール」など本来子供が終始考える事ではない物を
子供が考えると言う事が、子供を精神的に追い詰めるとい言う意味での
「精神的虐待」になるのではという事でした。

流石に小学生になったら勉強の事も先の予定(と言っても
その日とかその月レベルだけど)の事を考え始めるよ、
それにその目標が出来なかったり完遂しなかった時
私達は子供を責めた?体罰をした?

何よりも子供が作る事、それを飾る事を喜んでるのに
それを止めちゃうのはまたなにか違う気がするよ。みたいな事を言いました。

結局何を言っても「うーん…でも…」「やっぱり嫌だな…」
という感じで何も進展しませんが、取り敢えず1ヶ月様子見して
変化を見ようと思います。

子供の復習張り紙も張り紙ではなく
ノートに描くように誘導してみようかと思います。
その他の目標やマイルールみたいな張り紙は
そのままで(イラストも描いていて本人も気に入って眺めているので)

少しは落ち着くといいんですが…。

スポンサーリンク