出産したが「障害のある子供のいる情景が想像できません。  他の土地で一人で暮らします。」

数年前の終わった話ですので。
コトメが出産したけど、
予想通り子供に先天的な障害がいくつもあった。

予想通りと言うのは、
23週ぐらいから育たなくなっていて
医師から先天性の障害の可能性を示されていたから。

コトメは安静にして栄養を取って点滴をするために、
出産までずっと入院をしていた。
障害があるかと言われて
コトメは半狂乱になってふさぎ込んでいた。

生後一か月ですべての検査の結果が出て、
いくつかの障害が判明してからはもっとひどくなった。
それでも数か月後に保育器から出られて
退院できることになったが
コトメはその退院の日に病院に行かなかった。

スポンサーリンク

一緒に行くはずだったウトメがコトメ宅に行ったのだが、
鍵がかかったままでいつまでまってもコトメは戻らず。
病院に頭を下げて退院を待って貰って
コトメの行方を探すも見つからず、
急いで職場から戻って来たコトメ夫が家の中をみたら
コトメの服や貴重品がきれいに無くなっていて、
置手紙と記名済みの離婚届があった。

「自分の人生にどうしても
障害のある子供のいる情景が想像できません。
他の土地で一人で暮らします。
離婚して貰っても構いません。子供もいりません。
両親にも私はいないものと思ってくれと伝えて下さい。」
と書いてあった。

捜索届を出したりしたけど、
友達達も誰も話を聞いて無く
二人の定期貯金がきれいに下ろされていて
金目のものはすべて持ち出されていた。
換金したのではとみられた。

スポンサーリンク

コトメ夫は最初は戻って来てほしいと
一生懸命友達や知人に聞いて回ったけど
貯金をすべて下ろされているのを知った時に、
離婚届を出した。

子供はコトメ夫の実家が引き取ってくれたけど、
ウトメと私達夫婦で出来る事をと頼み込んで
病院での付添や医療費は無料でも
何かとかかる費用を負担させてもらった。
数度の手術をして、
可愛く笑うようになったが不幸なことに亡くなった。
わずか一歳だった。

葬儀は身内だけで行われたけど
ウトメと私達夫婦は頼み込んで参列させて貰った。

それから数年して
コトメ夫が再婚して子供に恵まれたと知った。
幸せになって欲しい。

コトメの行方は本当にわからない。
ウトメも隠してない。
トメがたまに泣いて
「死んでいてくれた方がいい。」と言うようになった。

いつか戻って来る日が来るんだろうか。

コトメ夫にウトメが貯金の弁済を申し出しましたが
丁重にお断りされました。
それなら子供に出すお金と労力なら拒否されまいと、
病院の付添や送り迎えや
地方在住だったコトメ夫実家が
上京してくる際の宿泊先等雑費を支払わせてもらいました。

コトメ夫が離婚届を出した後に、
コトメが本籍移して分籍していました。

私の夫が調べて行方を突き止めたらどうかと
ウトメに提案しましたが
もう死んだものと思いたい。
あんなかわいい子を捨てていける子を
娘と思いたくないと言うので
興信所で調べるのも辞めました。

だからどこかの土地で再婚して
それなりに暮らしているかもしれません。

スポンサーリンク